現在の位置

自立支援医療(育成医療)

障がい児や障害に係る医療を行わないときは将来障害を残すと認められる疾患がある18歳未満の児童で、その身体障害を除去、軽減する手術等の治療によって確実に効果が期待できる方に対して医療費の支給を行うものです。

対象となる障害

 

  • 肢体不自由
  • 視覚障害
  • 聴覚・平衡機能障害
  • 音声・言語・そしゃく機能障害
  • 心臓機能障害
  • 腎臓機能障害
  • 小腸機能障害
  • 肝臓機能障害
  • その他の内臓障害
  • 免疫機能障害

 医療費の給付

医療費の自己負担割合が原則、1割相当額になります。また、世帯の市民税課税状況に応じて月額の自己負担上限額が定められています。

(注意)ただし、一定以上の所得水準の方は対象にならない場合があります。

申請方法

1: 市役所4階子育て支援課で、自立支援医療(育成医療)意見書を受け取ってください。もしくは、次の添付ファイルをご利用ください。

伊丹市・自立支援医療(育成医療)意見書 (EXCEL:28KB)

2: 指定医療機関で自立支援医療(育成医療)意見書を作成してもらいます。*指定医療機関でなければ給付を受けることができません。

3: 指定医療機関で作成された自立支援医療(育成医療)意見書を市役所4階子育て支援課窓口へご持参下さい。

申請時には下記のものが必要です

  • 自立支援医療(育成医療)意見書*指定医療機関で作成されたもの
  • 印鑑
  • 受診者本人の健康保険証(国民健康保険の場合は加入者全員分)
  • 受診者および申請者のマイナンバーがわかるもの(個人番号カード、またはマイナンバー確認書類)(注意)国民健康保険の場合は加入者全員分
マイナンバー確認書類
マイナンバー確認書類

個人番号カード

または

個人番号が記載させている住民票の写し

*申請者の本人確認書類

写真付きの身分証明書1点

または

写真なしの身分証明書2点

*本人確認書類

写真付きの身分証明書:運転免許証、パスポート、障害者手帳、在留カード、特別永住者証明書等

写真なしの身分証明書:被保険者証、介護被保険者証、後期高齢者医療被保険者証等の公的機関発行の書類のいずれか2点
 

<代理人による申請の場合>

本人のマイナンバー確認書類に加え、委任状、代理人の身分確認書類が必要になります。

 申請の時期について(注意点)

  •  申請は治療の開始前に行なってください。治療終了後の申請はできません。
  • やむを得ない理由により、申請書を提出する前に医療を開始した場合は、意見書の治療開始日から15日以内に提出してください。16日を越えた場合、医療費の給付ができません。

お問い合わせ先

こども未来部こども室子育て支援課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所4階)
電話番号072-784-8127 ファクス072-780-3527

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。