現在の位置

単親家庭福祉

母子家庭、父子家庭が生活上かかえる各種の悩みを解消するため相談に応じているほか、以下のような各種制度を設けています。

母子・父子相談

母子家庭、父子家庭の生活相談、養育相談、教育相談などについて、母子・父子自立支援員等が相談に応じています。

  • 対象: 単親家庭の保護者
  • 受付: 随時
  • 場所: こども家庭課・家庭児童相談室(電話:780-3518)
  • 費用: 無料

単親家庭自立支援給付事業

母子家庭・父子家庭の生活安定目的として、就業のために受講・修業をする母親・父親を支援する事業です。
児童扶養手当を受給しているか、それと同水準の所得の方が対象で、同じ内容の給付金を1人の方が2回以上受給することは出来ません。

1.自立支援教育訓練給付金

就業に向けての能力向上のために、厚生労働大臣指定教育訓練講座等を受講した場合、授業料の60%に相当する金額(上限は20万円)を給付します。給付金の利用は1人につき1回までで、授業料が20,000円未満の講座は対象となりません。必ず受講前に担当課へご相談ください。

2.高等職業訓練促進給付金

就業に結びつきやすい資格(例:看護師・保育士・介護福祉士など)取得のために養成機関で2年以上修業する場合、3年を上限として、生活の安定を図るために下記の金額を給付します。原則として修業を開始される前に担当課への相談が必要です。

  • 市民税非課税世帯:月額100,000円
  • 市民税課税世帯:月額70,500円

この給付金を受けた方は、修了後に入学支援修了一時金を受給することができます。

  • 受付: 随時
  • 相談・申請場所: こども家庭課
  • 必要なもの: 問い合わせ・相談時に説明します。

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付制度

母子・父子家庭に、その家庭の自立を手助けする貸し付け制度です。寡婦福祉資金貸付制度もあります。

対象:満20歳未満の子どもがいる母子・父子家庭

  • 受付: 随時
  • 申請場所: こども家庭課
  • 必要なもの: 印鑑、住民票、印鑑登録証明書、所得証明書、(※貸付区分により各種申請書が必要)
  • 費用等: 利息金額は貸付区分による

単親家庭等家事介助員派遣事業

中学生以下の子どもがいる母子・父子家庭に、必要な家事の手助けをする家事介助員を派遣します。

  • 対象:中学生以下の子どもがいる単親家庭で、家事等に支障をきたしている人
  • 受付:随時
  • 申請場所:こども家庭課
  • 必要なもの:源泉徴収票または所得証明書、印鑑
  • 費用等:生計中心者の前年の所得税額により、費用を決定します。

伊丹母子生活支援施設

母子家庭で、住居、生活などに困っている人が入所し、自立を支援する施設です。

  • 対象: 母子家庭で住居・生活などに困っている人
  • 受付: 随時
  • 申請場所: こども家庭課
  • 必要なもの: 所得証明書、印鑑
  • 費用等: 入所者の前年の所得金額により、費用を決定します。
お問い合わせ先
こども未来部こども室 こども家庭課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所4階)
電話番号072-784-8079 ファクス072-780-3527
(児童くらぶ担当専用ファクス072-784-8112)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。