現在の位置

新型コロナウイルス感染症に関する対応について(5月27日更新)

緊急事態宣言解除後の兵庫県や市の方針を踏まえ、6月1日(月曜)から下記のとおり、サービスを提供いたします。

センターをご利用される皆様へ

緊急事態宣言解除後の兵庫県や市の方針を踏まえ、61日(月曜)からこども発達支援センターのサービスの内容を下記のとおりといたします。

引き続き、職員の体調管理や手指消毒、マスク着用、センター内の衛生管理等の感染拡大防止対策を徹底してまいります。センターに来所される皆様にも、引き続き、検温や健康管理票の記入、手指消毒、マスク着用をお願いいたします。

皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

なお、感染予防対策として、センターとしてできる限りのことを実施することとしておりますが、来所されることに不安等がある場合は、実施日や提供方法等を調整させていただきますので、遠慮なくお申し出ください。

今後も国や市の方針により、随時新しい情報をお伝え致しますので、市のホームページ、ミマモルメ等の情報をこまめにご確認くださいますようお願いいたします。

交流室をご利用される皆様へ

交流室の貸し出しは、5月25日より再開します。

交流室のご利用に際しては、伊丹市の施設利用基準に基づき、利用人数を20名程度とさせていただきます。また、検温、マスク着用、健康調査票のご記入をお願いしております。

ご協力のほどお願いいたします。

相談支援をご利用の方へ

引き続き、可能な限り、電話での相談で対応させていただきます。

センターに来所され相談を実施する場合は、感染予防に十分配慮した上で実施いたします。来所されるお子さん、保護者の方は、ご自宅で検温と健康観察をしてください。37度5分以上の発熱、その他の呼吸器症状がある場合は、自宅で療養をお願いいたします。また、感染防止のため、手指消毒、咳エチケット等のご協力をお願いいたします。

期間中は家庭への訪問が必要な場合は、職員の感染予防に十分配慮した上で、実施いたします。

早期療育事業(たんぽぽ)をご利用の方へ

6月1日(月曜)から、ご利用人数、時間等を調整し、感染予防に配慮したうえで、早期療育たんぽぽ保育を行います。

詳細等はお手紙またはお電話にてご連絡いたします。

来所されるお子さん、保護者の方は、ご自宅で検温と健康観察をしてください。37度5分以上の発熱、その他の呼吸器症状がある場合は、自宅で療養をお願いいたします。また、感染防止のため、手指消毒、咳エチケット等のご協力をお願いいたします。

通所部門(カルミア・つつじ・きぼう)をご利用の方へ

6月1日(月曜)以降も、引き続き、ご利用人数、時間等を調整し、感染予防に配慮したうえで、保育(給食も含む)・発達相談・リハビリなどの療育を実施します。

詳細等はお手紙またはミマモルメにてご連絡いたします。
 

診療所をご利用の方へ

整形外科診察、小児科診察、リハビリ(PT/OT/ST)は、引き続き、感染予防に配慮したうえで実施いたします。

予約等につきましては、担当よりご連絡いたします。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。