現在の位置

平成29年4月より障害者総合支援法の対象難病が拡大します。

平成29年4月1日から障害福祉サービスの対象となる疾病が拡大されます。対象となる方は、障害者手帳を所持されない方でも必要と認められた支援が受けられます。

対象者

対象となる方は次のとおりです。

指定難病一覧 (PDF:684.4KB)

利用できるサービス

障害福祉サービス(介護給付・訓練等給付)、補装具(車いすや歩行器等の購入・修理に必要な費用の支給)、日常生活用具給付(特殊寝台、電気式たん吸引器などの給付)等。

なお、世帯の収入状況に応じて費用負担があります(生活保護世帯及び市民税非課税世帯は無料)。

詳細については、ページ下部のリンク「補装具の交付・修理費」「地域生活支援:(4)日常生活用具の給付」より、各ページをご覧ください。

必要な手続き

対象疾患にかかっていることが分かる証明書(特定医療費(指定難病)受給者証や診断書等)をご持参のうえ、市障害福祉課(18歳以上)、市子育て支援課(18歳未満)へ申請してください。

その後、障害支援区分の認定や支給認定等の手続きを経て、必要と認められたサービスを利用できることになります。

まずは、市障害福祉課(18歳以上)、市子育て支援課(18歳未満)に相談、お問い合せください。

対象外となった難病一覧

対象外となった難病一覧は次のとおりです。

※これらの疾病については、障害者総合支援法の対象外となりましたが、すでに障害福祉サービスの支給決定を受けている方は引き続き利用可能です。

1.平成27年1月以降は対象外となりますが、平成26年12月31日までに障害福祉サービスの支給決定を受けている方は引き続き利用可能です。

2.平成27年7月以降は対象外となりますが、平成27年6月30日までに障害福祉サービスの支給決定を受けている方は引き続き利用可能です。

対象外となった難病について (PDF:362.1KB)

関連ページ等

厚生労働省ホームページ 障害者総合支援法の対象疾病(難病等)(外部リンク)

厚生労働省リーフレット1(PDF:407.5KB)

厚生労働省リーフレット2(難病一覧)(PDF:684.4KB)

厚生労働省リーフレット3(対象外となった難病)(PDF:362.1KB)

難病法に基づく指定難病と障害者総合支援法の「特殊の疾病」で異なる疾病名を用いているもの(PDF:437.4KB)

障害者総合支援法の対象疾病(疾病名の表記を変更したもの)(PDF:93.4KB)

お問い合わせ先
健康福祉部地域福祉室 障害福祉課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所1階)
電話番号072-784-8032 ファクス072-784-8036

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。