現在の位置

年に1回からだのチェック!!特定健診・特定保健指導について

特定健診

対象者

伊丹市国民健康保険の加入者で、昭和53年3月31日までに生まれた方

自己負担金

無料(受診券が必要です。)

今年度中に40歳~75歳に達する加入者には、6月中旬頃に特定健診受診券を送付しております。

注意:平成29年4月2日以降の加入者は、受診前に下記お問い合わせ先に受診券をご請求ください。

*受診券が届く前に受診を希望される方は、下記までお問い合わせください。

特定健診の内容や受診方法

受診券に同封のご案内をご覧ください。

また、健診項目や実施機関等については、下記ページでもお知らせしています。

 

伊丹市国保特定健診・後期高齢者健診

特定保健指導

特定保健指導とは

自覚症状がなくても、健診結果には変化が現れることがあります。

ひとつひとつの検査項目は基準値内でも、少し高めの項目が重なると、動脈硬化を進行させてしまうことが分かっています。

心筋梗塞や脳卒中などを発症する前に予防する鍵は、食習慣などの生活習慣を見直すことにあります。

そのお手伝いをするのが特定保健指導なのです。

対象者

特定健診の結果や問診により、基準に該当する方。

(対象者には個別にご案内と利用券を送付します。)

自己負担金

無料(利用券が必要です。)

健診結果や生活習慣などについての相談会を開催中です!

詳しい日程等は健康度アップ相談会をご覧ください。

健康度アップ相談会

伊丹市国民健康保険第2期特定健康診査等実施計画

国は、生活習慣病を中心とした予防を重視して医療費の伸びを抑制し、将来にわたって医療保険制度を堅持することを目的として、「高齢者の医療の確保に関する法律」を平成20年4月1日に施行しました。

伊丹市国民健康保険においても同法に基づいて、平成20年からの5年間を第1期とした特定健康診査等実施計画を策定し、特定健診・特定保健指導を実施してきました。

第1期計画期間が平成24年度で終了したことから、第1期計画の評価や制度創設の趣旨、伊丹市国保被保険者の健康実態を踏まえて、平成25年度からの5年間を第2期とした計画を策定しました。

詳しくは伊丹市国民健康保険第2期特定健康診査等実施計画をご覧ください。

→伊丹市国民健康保険第2期特定健康診査等実施計画(PDF:2.2MB)

地図情報

お問い合わせ先
健康福祉部保健医療推進室健康政策課(健診・健康づくり担当)
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(保健センター)
電話072-784-8080 ファクス072-784-3281

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。