現在の位置

東日本大震災で被災された方の国民健康保険の減免について

東日本大震災で被災された方には、申請により、国民健康保険税や医療費の一部負担金等について減免が適用される場合がありますので、お知らせいたします。

東日本大震災により被災された方の国民健康保険税の減免について

東日本大震災により被災し伊丹市に転入され、国民健康保険に加入手続きをされた方に対し、国民健康保険税の減免申請を受付けます。

詳しくは、国保年金課(国民健康保険担当)へご相談ください。 

減免条件

東日本大震災により次のいずれかの地域から本市へ転入された方

(1)帰還困難区域等(注1)及び上位所得層(注2)を除く旧避難指示区域等(注3)・旧避難指示解除準備区域(注4)の方

(2)旧避難指示解除準備区域の上位所得層にあたる方

 

(注1) 帰還困難区域、居住制限区域、避難指示解除準備区域の3つの区域

(注2)世帯に属する国民健康保険被保険者の基準所得額を合算した額が600万円を超える世帯

(注3)平成25年度以前に指定が解除された旧緊急時避難準備区域等(特定避難勧奨地点を含む)、平成26年度に指定が解除された旧避難指示解除準備区域等(田村市の一部、川内村の一部および南相馬市の特定避難勧奨地点)の2つの区域等

(注4)平成27年度に指定が解除された楢葉町の旧避難指示解除準備区域

減免期間

(1)の方

平成28年度相当分の国民健康保険税を全部あるいは一部免除

(2)の方

平成28年度相当分の国民健康保険税であり、平成29年3月31日までに普通徴収の納付期限が到来するもののうち、平成28年4月から9月までに相当する月割算定額

申請方法

被災事実を証明する書類(罹災証明書など)を持参し、国民健康保険担当(市役所本庁1階11番窓口)で申請してください。

申請は、原則、納期限の7日前までとなりますので、お早めに申請願います。

東日本大震災により被災された方の国民健康保険一部負担金等の免除について 

東日本大震災により被災し伊丹市に転入され、国民健康保険に加入手続きをされた方に対し、医療機関の窓口等で支払う一部負担金等が免除される一部負担金等免除証明書の交付申請を受付けます。詳しくは、国保年金課(国民健康保険担当)へご相談ください。 

免除条件

東日本大震災により次のいずれかの地域から本市へ転入された方

(1)帰還困難区域等(上記参照)及び上位所得層(上記参照)を除く旧避難指示区域等(上記参照)・旧避難指示解除準備区域(上記参照)の方

(2)旧避難指示解除準備区域の上位所得層にあたる方

免除期間

医療機関や薬局の一部負担金が下記の期間、免除となります。

なお、入院時食事療養費および入院時生活療養費の自己負担の免除は「平成24年2月29日まで」となります。

(1)の方

平成29年2月28日まで

(2)の方

平成28年9月30日まで

医療機関等での受診方法

被保険者証及び一部負担金等免除証明書の提示が合わせて必要となりますので、ご留意ください。

※ 該当者には本市から一部負担金等免除証明書を交付いたします。

※詳細は厚生労働省発行のリーフレット(ページ下部にある添付ファイル)を参照してください。

申請方法 

被災事実を証明する書類(罹災証明書など)を持参し、国民健康保険担当(市役所本庁1階11番窓口)で申請してください。

 

医療機関等で受診される被災者の皆様へ(PDF:1.1MB)

お問い合わせ先
健康福祉部保健医療推進室国保年金課(国民健康保険)
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所1階)
電話072-784-8040 ファクス072-784-8124

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。