現在の位置

医療機関への必要な受診を控えていませんか?

乳幼児の予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まります。

予防接種のタイミングは、感染症にかかりやすい年齢などをもとに決められています。まだ接種期間内の方は、お早めにお済ませください。生後2か月から予防接種を受け始めることは、お母さんからもらった免疫が減っていくとき、赤ちゃんがかかりやすい感染症(百日せき、細菌性髄膜炎など)から赤ちゃんを守るためにとても大切です。

乳幼児健診は、医師、保健師、助産師に相談できる機会です

子どもの健康状態を定期的に確認し、育児で分からないことや悩んでいることは遠慮せずに何でも聞きましょう。
新型コロナの感染の流行状況等を踏まえ、実施方法等を変更している場合があります。

 

生活習慣病も、がんも、定期的な健診が早期発見につながります。

自覚症状が現れにくい、そんな病気は少なくありません。だからこそ、生活習慣病の予防には定期的な健診で健康状態をしっかりチェック。自分の体を知ることが、健康維持の第一歩です。がんは、2人に1人はかかると言われています。早期がんでは無症状であることがほとんどなので、症状がなくても定期的にがん検診を受けることが早期発見・早期治療につながります。

 

 医療機関や健診会場では、換気や消毒でしっかり感染防止対策をしています

予防接種は、事前に予約しましょう。医療機関によっては一般の受診患者と別の時間や場所で受けられます。健診やがん検診は、受付時間や受診者同士の間隔などに配慮しています。受診時の注意事項を守って受診しましょう。
? 受診の前に:体温を測定するなど体調に問題がないことを確認してください。
? 帰宅したら:手洗いなどの感染対策をしっかりしましょう。
予防接種を受けた日も、お風呂につかれます。
※体調が悪いときは、かかりつけ医・医療機関に相談しましょう。

不安なこと、わからないことは、かかりつけ医・市保健センターへ。

もしかして、控えていませんか?厚生労働省(PDF:416.8KB)

お問い合わせ先
健康福祉部保健医療推進室健康政策課(母子保健担当)
〒664-8503伊丹市千僧1-1 (保健センター)
電話番号072-784-8034 ファクス072-784-8139

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。