現在の位置

乳幼児定期予防接種Q&A

予防接種に関するよくある質問とその回答

Q1  案内は届きますか?

A1  予防接種毎に郵送での案内はしておりません。生後2か月を迎える頃に、一括して予防接種に関する案内を郵送しています。転入された方は、一度保健センターへお問い合わせください。配布された説明書をよく読んで、お子様の予防接種の計画を立てましょう。

Q2  人にうつる病気にかかりました。

A2  人に伝染する病気にかかった方は、治ってから一定の期間をあけて、次の予防接種を受けることになります。詳しくは「定期予防接種について」をご覧ください。

Q3  里帰りで実家に帰っています。予防接種を受けることができますか。

A3  予防接種は住民票のある市町村が責任をもって行うことになっています。事前に保健センターで手続きが必要ですのでお問合せください。その際の接種費用は一旦自己負担し、償還払いとなります。詳しくはページ末に、「市外での定期予防接種を希望される方へ」を、ご参照ください。

Q4  4種混合1期(又は日本脳炎1期初回)の1回目と2回目の予防接種間隔があきすぎました。大丈夫でしょうか。

A4  対象年齢内であれば、標準的な接種間隔を越えた場合でも、定期の予防接種として受けることができます。

Q5  小児用肺炎球菌ワクチンの予防接種の1回目を生後3か月の時に接種しました。2回目の接種が2歳を過ぎて接種しようと思ったら、病院で接種できないといわれました。なぜでしょうか。

A5  小児用肺炎球菌ワクチンについて、2歳を超えて2回目または3回目を接種する場合は、追加接種として接種することになります。理由としては、医学的にその必要がなくなるためです。追加接種としては、受けることができます。

Q6  日本脳炎の接種勧奨さしひかえのために1回目の接種からあいてしまいました。2回目の予防接種は、どうなりますか。

A6 

*.特例対象者1.(平成7年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれの人)は、4回の残り回数を20歳の前日まで接種できます。ただし、4回目は、9歳以上で接種して下さい。また、13歳未満は必ず保護者同伴で接種して下さい。

*. 特例対象者2.(平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人)で、1期の接種を終了していない人は、「9歳の誕生日の前日~13歳の誕生日の前日まで」であれば、1期の残りの回数を6日以上の間隔をあけて接種できます。

Q7  子宮頸がん予防ワクチン接種を開始しています。3回目の接種が1回目より1年を過ぎてしまいました。大丈夫でしょうか。

A7  現在接種を積極的にお勧めしておりません。対象年齢であれば、定期予防接種として接種できます。詳しくは、「子宮頸がん予防ワクチンの接種について」を、ご参照ください。

Q8  長期療養のため、定期予防接種が受けられず、対象年齢が過ぎてしまいました。どうしたらいいですか。

A8  回復後、伊丹市立保健センターまでお問い合わせください。(事前申請要、各種条件あり)

定期予防接種について

市外で定期の予防接種を希望される方へ

長期療養のため定期予防接種の機会を逃した方へ(事前申請要・各種条件あり)

お問い合わせ先
健康福祉部保健医療推進室 健康政策課(母子保健担当)
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (保健センター)
電話番号072-784-8034 ファクス072-784-8139

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。