現在の位置

第51回伊丹市展 入賞作品

洋画・日本画の部

入賞者一覧

 

伊丹賞 原子力神話の終焉 藍家 進
市長賞 穏やかな日 藤室 雅司
議長賞 太古への想い 川東 雅子
教育長賞 ひなたぼっこ 松浦 冨美子
伊丹美術協会賞 ドック 浦 政一
朝日新聞社賞 興味 乾 榮里子 
神戸新聞社賞 老船の宴 尾本 守
産経新聞社賞 羊歯(しだ) 西地 牧子
奨励賞 黄色いベンチのある風景 前 正美
奨励賞 桜狩 北浦 麻衣
奨励賞 夏の終わりに 諸岡 保和
奨励賞 エピローグ(獣舎) 雑喉 晴美
新人奨励賞 団らん 村岡 拓巳

洋画・日本画の部
審査員 北里 桂一

それぞれに力を込めて描いておられるのですがテーマとタイトルの設定をもう少し考えたらよいのにと思う作品があります。それは具象的なものと抽象的なものと、それぞれにあります。また、今までの洋画・日本画の分類から拡大されましたので、いろいろな素材の作品が多くなりましたが、その素材がテーマにうまくあっているのかも考えなければなりません。そのためでしょうか、色の扱いについても未完成のところが見られます。とにかくもう少し現代的な思考方法も取り入れなければならないのではと思います。

写真の部

入賞者一覧

 

伊丹賞 競艶 木村 正幸
市長賞 真夏のヨットハーバー 仁平 憲雄
議長賞 郷愁 蟹川 佐代子
教育長賞 春うらら 高島 章
※高ははしごだか
伊丹美術協会賞 先達に導かれて 上月 正美
朝日新聞社賞 小さな訪問者 前田 傳
神戸新聞社賞 泣き相撲 馬場 和正
産経新聞社賞 帰り刻 太田 茂範
毎日新聞社賞 歓喜跳躍 西村 輝夫
読売新聞社阪神支局長賞 来た!スターウォーズ 山辺 幸男
奨励賞 行列を待つ 吉原 和孝
奨励賞 帰り道 大西 亜希子
奨励賞 記念写真 合田 將史
奨励賞 はにかみ王子 板坂 知子
奨励賞 捕獲 三路 巧
奨励賞 激闘 林 由喜夫
奨励賞 光降る 岩本 晃
奨励賞 ひな階段 和田 國雄

 

写真の部
審査員 北田 研索

今回は178点と過去最高の応募があり74作品の入賞・入選が決まりました。内容も身近なスナップから海外での撮影など多岐にわたり、5人の審査員が1作品10点満点で採点した結果、入賞作は審査員の評価もほぼ一致する近年珍しい結果となりました。ただ「プリント段階でトリミングが的確ならもっと上位になるのに」と残念に思った作品も多くありました。勿論トリミング無しがベストなのですが、いつもそのように撮れるとは限りませんから、自家プリントをするにしろラボに出されるにしろ、どのように画面を切り取ればもっとインパクトのある構図になるかぜひ考えてみてください。このようなことも念頭に置かれ次回も素晴らしい作品のご応募お待ちしています。

書の部

入賞者一覧

 

伊丹賞 ENの足音 増田 知子
市長賞 可在楽生 可在逸身 木元 美英
議長賞 伊藤 弘子
教育長賞 高青邱詩 大下 奈々子
伊丹美術協会賞 寒山の鐘 高橋 松園
※高ははしごだか
読売新聞社阪神支局長賞 月白風清 酒井 守
奨励賞 曹全碑 尾崎 奏愛詩
奨励賞 蘇東坡詩 樓觀 尾野 美貴子
新人奨励賞 郙閣頌 笠松 釆夏

 

書の部
審査員 酒居 石荘

出品数は、大幅増となった昨年より微減となりましたが、漢字、仮名、篆刻、前衛と幅広いジャンルから出品がありました。書は文字を書き表わしたもの。その要素は線と形。特に線は一朝一夕にできるものではありません。地道に研鑚を積んだ成果がでてきます。さらにチャレンジし、力作が多数出品されることを期待します。

デザイン・彫塑・工芸の部

入賞者一覧

 

伊丹賞 涼(3) 藤田 礼子
市長賞 黒釉帯条紋大皿 嶋本 博文
議長賞 一経枝織草木染布 堂薗 重光
教育長賞 『月の裏側』 吉田 欣司
伊丹美術協会賞 スター誕生2 山田 誠二
毎日新聞社賞 色彩(実りの秋) 伊藤 良美

※ローマ数字は、表記の都合上、アラビア数字に変換されています。

デザイン・彫塑・工芸の部
審査員 江尻 幹子

本年度は出品数が例年にくらべ10点減りましたが、秀作が多く見られました。年々作品のレベルは確実に高くなっています。しかし、展示の上で見せ方をもう少し考えると良くなる作品が数点あり、今後、展示方法のあり方を期待します。デザイン作品の中にタイトル、コピーを入れて、文字での説明があればと思いました。次回は多くの出品があることを期待します。

お問い合わせ
教育委員会事務局生涯学習部 公民館
〒664-0898 伊丹市千僧1-1-1
電話番号072-784-8000 ファクス072-784-8001