現在の位置

見つめることから見えてくる シリーズ3 映画『桜の樹の下』を撮って、見えてきた「幸せな老後」とは?

日時

平成29年12月9日土曜日10時30分~12時 

会場

伊丹市立中央公民館

内容

神奈川県川崎市にある公営住宅に住む単身高齢者を撮り続けた田中 圭(けい)さん。
田中さんが撮影する中で見つけた、それぞれの老後の生き方についてお話していただきます。
また、映画『さとにきたらええやん』監督の重江(しげえ) 良樹(よしき)さんをスペシャルゲストとして迎え、両監督と共に「孤独死」「貧困」という現代課題について共に考えます。

講師

映画監督 田中 圭さんほか

定員

30人(先着順)

参加費

600円

一時保育

1歳半以上就学前の幼児対象。保育料は1人1日350円。講座実施日の10日前までに要申込み。

申込み

平成29年11月3日(金曜日)10時より、来館またはお電話、ファックスにて受け付けます。
定員に余裕があれば、翌日10時よりホームページでもお申し込み可能です。(以下のリンクページから申し込めます)

 

見つめることから見えてくる シリーズ3 映画『桜の樹の下』を撮って、見えてきた「幸せな老後」とは?(PDF:9.7MB)

電子申請による申し込み(外部リンク)

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 公民館
〒664-0898 伊丹市千僧1-1-1
電話番号072-784-8000 ファクス072-784-8001

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。