現在の位置

猪名野神社神幸絵巻

江戸時代,酒造りで栄えた伊丹郷町の氏神野宮(ののみや。現猪名野神社)の祭礼のうち,神輿(しんよ・みこし)の巡行は,町をあげての一大ページェントでした。この神幸絵巻3巻には,元禄16年(1703)から明治31年(1898)までの行列の変遷がくわしく描かれています。

平成3年に伊丹市の有形文化財に指定されました。

猪名野神社神幸絵巻の写真

野宮(現猪名野神社)の祭礼は元禄15年(1702年)に俳人上島鬼貫(おにつら)の一族,上島青人(あおんど)が神輿を奉納してから盛んになり,翌年から神輿が猪名寺村(現尼崎市)の御旅所まで巡行するようになりました。

3巻の絵巻のうち第1巻「摂津猪名野宮祭礼新古図絵」は,郷土史家古野将盈(まさみつ)が考証し,志摩国の画家九皐(きゅうこう)に依頼して描かせたもので,元禄16年・宝永2年(1705年)・同3年および安永元年(1772)以後と推定できる行列の模様が収録されています。

第2巻「祭礼神輿渡御(とぎょ)略図」は一田英泉が描いた明和9年(安永元年)の行列のようす,第3巻「猪名野神社御神幸行列絵巻」は玉手孟(はじめ。号眉山)が描いた明治31年の行列のようすです。

以上の3巻により,約200年間の祭礼行列が年々盛んになっていくようすや,伊丹郷町内の町村別や役職・職業による役割分担のありさまを知ることができます。

所在地

伊丹市千僧1丁目1番地-1 伊丹市立博物館(猪名野神社より寄託)

※展示中かどうかは博物館におたずねください。

参考文献

  • 「猪名野神社神幸絵巻」 『伊丹の文化財』 伊丹市教育委員会 平成7年
  • 上井輝代「野宮の神祭」 『伊丹市史』第6巻 伊丹市 昭和45年
  • 上井輝代「祭礼の小童子」 『新・伊丹史話』 伊丹市立博物館 平成6年
  • 植木行宣「「猪名野神社神幸絵巻」をめぐって」 『地域研究いたみ』第31号 伊丹市立博物館 平成14年

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 社会教育課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8083

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。