現在の位置

十一面観世音菩薩立像

伊丹市春日丘の発音寺(ほつおんじ)に安置されている「長谷寺本尊式」の十一面観音です。室町時代以降の作品と思われ,昭和40年に伊丹市の有形文化財に指定されました。

十一面観世音菩薩立像の写真

木造彩色で像高は170.3センチ。左手に蓮華をさした水瓶(すいびょう)を握り,右手に錫杖(しゃくじょう)をとる「長谷寺本尊式」の十一面観音です。目に玉眼を入れ,体部は前後二材からなる寄木造りで,黒漆が塗られています。阪神・淡路大震災で被災しましたが,修理されました。

寺伝によれば,享保20年(1735)に奈良の唐招提寺から移したと伝えられます。

※ 通常は公開されていません。

所在地

伊丹市春日丘4丁目7

交通

JR伊丹駅前1番のりば・阪急伊丹駅前1番のりばより市バスで春日丘下車,南東へ約150メートル

参考文献

  • 「木造十一面観世音菩薩立像」 『伊丹の文化財』 伊丹市教育委員会 平成7年
  • 神戸佳文「伊丹の仏像彫刻」 『新・伊丹史話』 伊丹市立博物館 平成6年

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 社会教育課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8083

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。