現在の位置

木造釈迦如来(しゃかにょらい)坐像

鴻池慈眼寺(じげんじ)の本尊である木造釈迦如来坐像は,鎌倉時代初期の建久6年(1195年)に造立されました。昭和63年に修理されたとき,像内からたくさんの墨書銘が見つかりました。その銘文から運慶・快慶に代表される慶派仏師の作であることや,東大寺を復興した俊乗坊重源(しゅんじょうぼう ちょうげん)との関わりを示す貴重な仏像であることがわかり,平成2年に国の文化財に指定されました。

体部は一材から刻出し,前後に割って内削りをおこなったのち,ふたたび寄せる割矧(わりはぎ)造りです。黒漆の上に金箔を施していましたが,現在ではほとんど剥落しています。両手を重ねて膝前に置く「禅定印(ぜんじょういん)」の印相を示しています。

像内の墨書銘には,建久6年(1195年)7月8日から造りはじめたことと,願主の「生阿弥陀仏」や「一阿弥陀仏」ら結縁者150余人の名が像内ほぼ全面と膝裏に書かれています。

※ 通常は公開されていません。

木造釈迦如来(しゃかにょらい)坐像の写真

背面内部の銘文

背面内部の銘文 

腹部内側の銘文

腹部内側の銘文

所在地

伊丹市鴻池6丁目19-59 慈眼寺内

交通

市バスJR伊丹駅前・阪急伊丹駅前2番乗り場より2系統桜ヶ丘経由荒牧バラ公園行き,または4番乗り場より5系統裁判所前経由JR中山寺駅前行きにて鴻池下車,西へ約380メートル

参考文献

  • 「木造釈迦如来坐像」 『伊丹の文化財』 伊丹市教育委員会 平成7年
  • 神戸佳文「伊丹の仏像彫刻」 『新・伊丹史話』 伊丹市立博物館 平成6年

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 社会教育課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8083

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。