現在の位置

むぎわら音頭(摂州兵庫功徳盆踊)

お知らせ:令和2年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年8月15日・16日に実施しております盆踊り大会および市民向けの講習会は中止いたします。

 

仏教に関係した盆踊りの系統に属する踊りで,「むぎわら音頭」の通称で親しまれています。名称の「功徳(くどく)」は仏の功徳のことと思われますが,神戸市兵庫区に「兵庫口説(くどき)」という音頭があり,それが「功徳」に転じたという説もあります。僧行基が猪名野笹原を開発したとき,それに従事した労働者を慰安するために始めたと伝えられますが,音頭の完成は江戸時代中期と思われます。

昭和52年(1977年)に兵庫県の指定文化財(民俗文化財)に指定されました。

むぎわら音頭はふつうの盆踊りとは違い,腰が非常に低く,手のひらの内側を見せないなど,労働の形を取り入れています。また,蛙とび・かまきり・網ひき・餅つきなど日常生活に直結した型が織り込まれます。三味線・太鼓のテンポが速く,リズムも変化のある面白いものです。

むぎわら音頭保存会は毎年8月15日と16日に南野東浦公園(南野3丁目3番。地図参照)で行われる「盆踊り大会」で踊るほか,市民向けの講習会も行っています。

むぎわら音頭の写真

むぎわら音頭の写真・櫓

盆踊りの会場

会場は下の地図情報を参照してください。

交通

市バスJR伊丹駅5番のりばまたは阪急伊丹駅前5番のりばから37系統堀池口経由塚口行きで南菱下車,南西方向へ5分,新幹線高架南側

参考文献

  • 「摂州兵庫功徳盆踊り」『伊丹の文化財』伊丹市教育委員会、平成7年
  • 「麦わら音頭」伊丹市民俗資料第1集『伊丹の民謡とわらべ唄』上(民謡編)伊丹市教育委員会、昭和50年
  • 『摂州兵庫功徳盆踊り麦わら音頭』伊丹市教育委員会、平成2年

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部
社会教育課文化財担当
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8083

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。