現在の位置

広目天(こうもくてん)・多聞天(たもんてん) 立像(兵庫県指定有形文化財)

昆陽寺山門(県指定文化財)に北面して安置されていた等身の二天像です。平成10年4月に兵庫県の重要有形文化財(彫刻)に指定されました。

像高は広目天が173センチ,多聞天が164センチです。腰以下を長めに作る肢体は均整がとれ,腰をひねって片足に重心をかける姿勢も自然で,肉付きや着衣表現には軽快な趣きとともに写実性も認められます。おおらかな表現と一木造りの古風な技法から,11世紀に京都の有力仏師によって造られたと考えられ,きわめて類例の少ない貴重な遺品です。

※ふだんは公開されていませんので,ご注意ください。昆陽寺山門内の元の位置に写真が展示されています。

(写真は上=広目天、下=多聞天)

広目天の写真

多聞天の写真

所在地

伊丹市寺本2丁目169番地 昆陽寺内

交通

市バスJR伊丹・阪急伊丹両駅前2番のりばから13系統山田行き,14系統昆陽里行き,また3番のりばから全系統(1・4・7系統)で昆陽里下車,東へ100メートル

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 社会教育課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8083

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。