現在の位置

法巌寺(ほうがんじ)の大クス

伊丹郷町の西端にある法巌寺の本堂裏にあるクスノキは,近畿3大クスノキの一つに数えられています。昭和40年に兵庫県の天然記念物に指定されました。

法巌寺は大永2年(1522)に昆陽から移転したと伝えられます。境内の大クスは昭和39年の鑑定では,樹齢推定500年,幹囲約6メートル,樹高28メートルで,枝張りは東側17メートル,西側12.5メートル,北側15メートル,南側16メートルで,主幹は地上10~12メートルのところで支幹に分かれています。

元治2年(1865)に梶曲阜が著した『有岡古続語』にも,「法巌寺の豫樟(くすのき)はいつの頃植えしにや,稀有の大木也」とあります。

※ 境内への立ち入りはご遠慮ください。

法巌寺の大クスの写真

所在地

伊丹市中央2丁目6-16 法巌寺内

交通

阪急伊丹駅より北東へ約230メートル,JR伊丹駅より西へ約600メートル

参考文献

「法巖寺のクスノキ」 『伊丹の文化財』 伊丹市教育委員会 平成7年

 

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 社会教育課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8083

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。