現在の位置

埋蔵文化財について

開発行為を行おうとする場所が包蔵地(遺跡)である場合は,文化財保護法第93条第1項・同94条第1項の規定により,「埋蔵文化財発掘届出(通知)書」を工事着手の60日前までに本市教育委員会に提出する必要があります。

事前協議

開発行為を行おうとする場所が周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)であるかどうか確認してください。埋蔵文化財保護と開発行為の円滑化を図るために,開発行為を行おうとする場合は,できるだけ早い段階(開発計画策定の段階)で,本市教育委員会と協議してください。

伊丹市宅地開発等指導要綱(抜粋)

(文化財)

第20条  開発事業者は,埋蔵文化財包蔵地及びその周辺において開発事業を行う場合は,あらかじめ,伊丹市教育委員会と協議しなければならない。

2  開発事業者は,開発事業の施行に伴い埋蔵文化財が発見されたときは,速やかに市教育委員会に届け出て,発掘・保存について積極的に協力しなければならない。

※ なお,古墳が面でなく点で表現されている場合などもありますので,包蔵地の周辺で開発される場合はご相談ください。

「開発事業と発掘調査等」の手続きフローチャート(PDF:359.8KB)

兵庫県サイトでの包蔵地確認の地図(伊丹市分:PDFファイル) (外部リンク)

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 社会教育課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8083

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。