現在の位置

猪名野神社本殿・拝殿・幣殿

市指定有形文化財(建造物)に指定しました

市教育委員会は、令和元年5月30日、伊丹の歴史上、重要であるとして3棟同時に「市指定有形文化財(建造物)」に指定しました。

 

猪名野神社

猪名野神社は伊丹郷町の氏神で、古くは「野宮(ののみや)」「天王宮」「牛頭天王(ごずてんのう)宮」などと呼ばれていました。祭神は「猪名野坐(いなのにます)大神」と称し、素戔嗚(すさのお)神を祀っています。

明治2年(1849)の神仏分離で「野宮牛頭天王」を、現在の社名「猪名野神社」に改めました。

境内は、本殿・拝殿・幣殿を中心として、周囲にいくつかの摂末社、神輿蔵、社務所を配しています。近世、伊丹郷町の酒造家・町人等が寄進した燈籠・碑や算額、絵図など、伊丹の歴史を語る上で必要不可欠な遺産が数多く残されています。

猪名野神社 正面

猪名野神社 拝殿(正面より)

 

本殿

隅木入春日造で、高い切石積み基壇上に建ち、春日造りとしては大規模な社殿です。貞享2年(1685)に建立されたことが棟札からも明らかで、保存状態が良く、技術的にも上質で、市内を代表する神社本殿遺構です。

本殿(左)・幣殿(右)

本殿(左)・幣殿(右)

拝殿

享保16年(1731)、拝殿建設ののち幣殿が建てられているので、その時改造があったと思われます。

拝殿

拝殿

幣殿

寛政5年(1793)に本殿を二間半北に引くと『兵庫県神社誌』にあり、これが幣殿を建築するための曳家であろうと推定されます。

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部博物館文化財担当
窓口時間:月曜日~金曜日(祝日・年末年始除く)午前9時~午後5時半
〒664-0898伊丹市千僧1-1-1
電話番号072-784-8090 ファクス072-784-8109

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。