現在の位置

伊丹市立博物館史料集13『伊丹城(有岡城)跡-主郭部の発掘調査を中心としてー』を発刊しました

hyoushi

『博物館史料集13』は、過去の調査も含め、3年間かけ再検討し、最新の調査研究成果をまとめた史料集です。
荒木摂津守村重の居城「有岡城」(1574~1579年)は、伊丹台地東端の高台に位置し、城下町を持ち、外周を堀・土塁で防御した惣構の城として最古級です。
惣構全域が有岡城跡・伊丹郷町遺跡で、これまで400回近く発掘調査されてきました。第1次調査は今から40年以上も前、現JR伊丹駅西側の再開発事業に伴うものです。
戦国史・城郭研究の最前線で研究する研究者の論文も掲載しています。新たに明らかになった有岡城、それ以前の伊丹氏の居城「伊丹城」に関する知見を得てみませんか。

chousaji

調査時の有岡城跡の石垣

本文目次

例言

第1部報告編
はじめに
   第1章伊丹の地理的・歴史的環境
      第1節伊丹の地理的環境
      第2節伊丹の歴史的環境
   第2章伊丹城(有岡城)跡発掘調査の経過
       第1節発掘調査のきっかけ
       第2節伊丹城(有岡城)跡の発掘調査
       第3節史跡指定から整備まで
  第3章主郭部における調査
       第1節主郭部の範囲と調査地点
       第2節調査結果
  第4章結語
       第1節主郭部各地区における変遷
       第2節主郭部の基本土層について
       第3節伊丹城(有岡城)跡主郭部の様相
出土遺物観察表

第2部考察編
   第1章主郭部出土屋瓦について(藤本史子)
   第2章摂津伊丹城の復元的考察(福島克彦)
   第3章伊丹城・有岡城と摂津下部の城郭(天野忠幸)

購入方法について

本史料集は当館にて一冊2,200円で販売しております。

郵送を希望される場合は通信販売にて対応します(送料は別途必要)

詳しくは、博物館(072-783-0582、毎週月曜日は休館日)までお問い合わせください。

 

関連リンク

有岡城跡(本市社会教育課文化財担当ホームページ)

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部博物館
〒664-0898伊丹市千僧1-1-1
電話番号072-783-0582 ファクス072-784-8109

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。