現在の位置

新刊発刊!研究紀要『地域研究いたみ』

『地域研究いたみ』第49号

chiikikenkyuuitami49001

目次

P1

巻頭論文

  • 「摂津国租帳」にみえる河辺郡の四天王寺田(山口哲史)

P27

史料調査報告

  • 北河原地区史料調査の概要(伊丹市立博物館)
  • 近世後期の北河原村と天津村(大国正美)
  • 山田地区「白井孝雄氏文書」及び民俗資料について(新宮由真)

P48

研究ノート

  • 近世伊丹の酒造り―考古学の成果から酒造技術を探る―(赤松和佳)

P72

事業報告

  • 令和元年度春季テーマ展

 「旧村シリーズ14 口酒井~水にまつわる村の記録~」(新宮由真)

 

令和2年3月発売

定価600円

『地域研究いたみ』第48号

P1

巻頭論文

  • 八幡宮旅所の十一面観音立像・地蔵菩薩半跏像(長谷洋一)

P24

史料調査報告

  • 岩屋地区史料調査の概要(伊丹市立博物館)
  • 近世岩屋村の水利慣行と争論(大国正美)
  • 大正・昭和期 神津村の神社                                     ―「神社関係要件大略記」・「祭典日誌」から(奥村弘・佐々木和子)

P56

研究ノート

  • 明治期伊丹の水害と地域社会                                ― 一八九六年猪名川水害を中心に ―(吉原大志)

P80

史料紹介

  • 「本泉寺故実記」に見える本泉寺由緒と                          伊丹酒造家升屋・大黒屋の関係(新宮由真)

 

平成31年3月発売

定価650円

『地域研究いたみ』47号

P1

巻頭論文

  • 「崐陽寺鐘銘」の基礎的検討(西本昌弘)

P31

研究ノート

  • 街道絵図「行程記」の作成年代再考(大国正美)

P47

史料紹介

  • 石橋茂兵衛家の商家経営(加藤明恵)

P60

いたみ随想

  • 若山牧水と桐田蕗村、そして伊丹(森本啓一)

P81

事業報告

  • 平成29年度秋季企画展

 「伊丹の鉄道~くろがねの響きととともに~」(伊藤忠章)

 

平成30年3月発売

定価550円

『地域研究いたみ』46号

P1

巻頭論文

  • 大鹿村の耕地開発と年貢 (中川すがね)

P25

研究ノート

  • 伊丹城(有岡城)跡主郭部調査の再検討(藤本史子)
  • 近世における千僧村・安楽院の復興と村(大国正美)
  • 旧両替商長田家の処分過程と親族小西新右衛門家

―「長田事件」を中心に―(濱田恭幸)

P107

事業報告

  • 平成28年度春季テーマ展

 「旧村シリーズ 千僧~村からみた伊丹市の誕生と発展~」(吉川潤)

 

平成29年3月発売

定価700円

『地域研究いたみ』第45号

P1

巻頭論文

  • 「私立」伊丹小学校の創立と「公立」への転換 (高岡萌)

P26

史料調査報告

  • 御願塚地区史料調査の概要(大黒恵理)
  • 村上弥左衛門の「不思議」の記録(中川すがね)

P45

史料紹介

  • 戦国野間氏の興亡(天野忠幸)
  • 橋本香坡筆「荒木摂州伝」(今井美紀)
  • 小西新右衛門宛武術家書簡について(久野洋)

P86

いたみ随想

  • 「伊丹市立博物館友の会」20年の歩みに想う (西田朋一)

P99

事業報告

  • 平成27年度春季テーマ展

 「旧村シリーズ 小坂田 ~空港に消えた村~」(吉川潤)

  • 「伊丹の江戸時代の古文書を読む会」(吉川潤)

 

平成28年3月発売

定価800円

 

『地域研究いたみ』第44号

P1

巻頭論文

  • 瓦からみた西摂の古代寺院 (大脇潔)

P44

史料調査報告

  • 千僧地区史料調査の概要(大黒恵理)
  • 千僧天神社祭礼写真(伊丹市立博物館)

P61

研究ノート

  • 有岡城跡・伊丹郷町遺跡の庭園遺構について(赤松和佳)
  • 畿内相給村落における土地取引慣行の特質‐摂津国川辺郡御願塚村を事例に‐(尾崎真理)

P110

事業報告

  • 平成26年度秋季テーマ展

 「旧村シリーズ 荒牧~尼崎藩領から伊丹市域への歩み~」(吉川潤)

平成27年3月発売

定価800円

『地域研究いたみ』第43号

巻頭論文

幕末期伊丹郷町の治安維持と町運営 (加藤明恵)

史料調査報告

  • 東桑津地区史料調査の概要(大黒恵理)
  • 近世の東桑津村遍照寺の寺格形成と西本願寺坊官家司(大国正美)
  • 遍照寺の喚鐘について(藤本史子)

史料紹介

伊丹市立博物館所蔵の唐箕について (西尾嘉美)

研究ノート

明治期における苗木業の展開と園芸農家久保武兵衞-農商務技師との関わりを中心に-(久野洋)

事業報告

平成二十五年度春季テーマ展 「旧村シリーズ 東桑津と西桑津~猪名川治水と空港造成~」(吉川潤)

平成26年3月発売

定価800円

『地域研究いたみ』第42号

巻頭論文

地域の史料を読む 元禄・幕末の清酒「白雪」の復刻-小西新右衛門氏文書「酒永代覚帳」より- (石川道子)

史料調査報告

西野地区史料調査の概要(大黒恵理) 西野行基講文書について-講の運営と講田(中川すがね) 近世の西野地区の水害対策と地域社会(大国正美)

研究ノート

小西新右衛門家の近代-新出史料を用いて- (久野洋) 素描・伊丹の地域史研究―小林杖吉による私立伊丹図書館の開設を起点に―(川内淳史)

史料紹介

大鹿村の高札(山形隆司)

事業報告

日米友好の桜100周年記念協賛事業平成二十四年度春季テーマ展 「旧村シリーズ 新田中野~西野・中野・東野の歴史~」(久野洋)

平成25年3月発売

定価800円

『地域研究いたみ』41号

目次
西摂の中世都市-中世後期を中心として(藤本史子) 
史料調査報告  荒牧地区史料調査の概要(加藤宏文)  荒牧村の皇国地誌残稿をめぐって(中川すがね)  近世前期の要住寺中興と縁起書の成立(大国正美)
研究ノート  猪名川通船の積み荷-荷物送り状を中心に-(大黒恵理)  『大阪朝日新聞』における濃尾地震報道(延廣壽一)
史料紹介  照顔斎句画帖について(二)(今井美紀)  徳川頼倫書「伊丹図書館」扁額(小長谷正治)
書評 伊丹市立博物館編『阪神・淡路大震災-伊丹からの発信  手引資料編』(板垣貴志)
事業報告  平成二十三年度春季テーマ展  「旧村シリーズ下河原~猪名川の渡しと高瀬船~」(大黒恵理)

平成24年3月発売 
定価900円

『地域研究いたみ』31~40号

『地域研究いたみ』40号

目次 
伊丹市付近における更新世末期以降の地形環境(青木哲哉) 
史料調査報告 下河原地区史料調査の概要(山名晶子) 猪名川通船の伊丹郷町入船と役割(大国正美) 猪名川通船と船着場-下河原と雲正坂下-(中川すがね)
震災記録 震災時の陸上自衛隊 
史料紹介 荒木村重と織田政権(天野忠幸) 白洲次郎の父文平の別邸-白洲邸-(小長谷正治) 照顔斎句画帖について(今井美紀) 
事業報告 平成二十二年度春季テーマ展 「旧村シリーズ 昆陽 ~昆陽池・宿場と新撰組~」・・・大黒恵理

 平成23年3月発売 
 定価900円

 

『地域研究いたみ』39号

目次
史料調査報告
  寺本地区史料調査の概要(山名晶子)  近世・昆陽寺の伽藍と縁起の整備(大国正美)  昆陽寺と村一鎮守堂文書・正覚院文書紹介(中川すがね)
論文  伊丹飛行場の成立の背景と戦時期の軍用飛行場の実態(塚崎昌之)
震災記録  震災時の小西酒造株式会社
史料紹介  伊丹廃寺跡出土資料の再検討(二)(藤本史子)  摂津国川辺郡伊丹細見図と制作者翠竹観について(瀬川照子)
事業報告  平成二十一年度春季テーマ展 「旧村シリーズ南野~領主・村医者・むぎわら音頭~」(大黒恵理)

平成22年3月発売
定価800円

 

『地域研究いたみ』38号

目次
考古学からみた猪名川東岸地域における開発の諸段階(森本徹)
史料調査報告 小阪田地区史料調査の概要(加藤宏文) 近世後期の小坂田村の在地代官と御用状支配-旗本貞仲系服部氏の事例-(大国正美)  消えた村の記憶・川辺郡小坂田村の諸事覚書日記(中川すがね)
震災記録 震災時の伊丹産業株式会社
史料紹介 伊丹廃寺跡出土資料の再検討(一)(藤本史子)

平成21年3月発売
定価700円

 

『地域研究いたみ』37号

目次
岩屋遺跡のおける新視点―弥生人と川とのかかわり―(上田健太郎)
史料調査報告 口酒井地区史料調査の概要(山名晶子)
震災記録 震災時の関西スーパーマーケット
史料紹介 天保の飢饉・大塩平八郎の乱と北村(加藤宏文)
研究ノート 伊丹天王町と大広寺村との天水出入り一件について―近世伊丹郷町における都市改造に関する覚え書き―(和島恭仁雄)

平成20年3月発売
定価800円

 

『地域研究いたみ』36号

目次
中世後期摂津における細川氏の権力構造(古野貢)
史料調査報告 南野地区史料調査の概要(山名晶子) 近世南野村の成年式と宮座の再検討(大国正美) 南野了福寺縁起について(中川すがね)
震災記録 震災時の東リ株式会社
史料紹介 大鹿妙宣寺転住事(加藤宏文)
研究ノート 近衛家代官の領地伊丹下向について(和島恭仁雄)

平成19年度3月発売
定価900円 <残りわずか>

 

 

『地域研究いたみ』35号

目次
往還筋における病人への対応について-三条村・新田中野・千僧村の事例をもとに-(明尾圭造)
史料調査報告 森本地区史料調査の概要(小谷佳秀)  近世森本村の水利慣行の成立・展開と水害対策(大国正美) 真宗と禅-森本称名寺文書の紹介-(中川すがね) 森本称名寺梵鐘(藤本史子)
企業調査報告 ミノルタと伊丹 
研究ノート 水琴窟考-伊丹郷町遺跡を中心に-(赤松和佳)
史料紹介 白井栄三氏文書の軍事郵便について(山名晶子)

平成18年3月発売
定価800円

 

『地域研究いたみ』34号

目次
伊丹における諸芸の展開(竹下喜久男)
史料調査報告 野間地区史料調査の概要(山名晶子) 野間・筒井良和氏所蔵文書の概要(小谷佳秀) 近世後期の野間村神事改革訴願と村役人家格(大国正美) 幕末の野間村に生きる-巽弥左衛門の農事日誌より-(中川すがね)
震災記録 大震災時の松谷化学
研究ノート 有岡城大溝筋堀跡と地割-惣構え成立過程の検討-(小長谷正治) 地図学者森謹斎幸安と伊丹(三好唯義・和島恭仁雄)

平成17年3月発売
定価1000円

 

『地域研究いたみ』33号

目次
史料調査報告  鋳物師地区調査の概要(山名晶子) 臂岡天満宮境内所在の礎石(伝伊丹廃寺跡出土)(藤本史子) 「臂岡天満宮九百五拾年御神事」について(中川すがね) 伊丹の寺子屋・私塾と臂岡天満宮(大国正美) 北村・鋳物師地区の染色業
震災記録 震災当時の伊丹市水道局
研究ノート 手焼き煎餅「亀栄堂」(近藤真弓)
いたみ随想 由多加織の創業者寺西家と乃木希典(森本啓一)

平成16年3月発売
定価1000円

 

『地域研究いたみ』32号

目次
明治初年における金融市場-豪商・小西新右衛門家と伊丹小学校貸付会社の関係をとおして-(加藤慶一郎)
史料調査報告 「北村地区史料調査概要」(橋本唯子) 「北村地域の中世遺跡」(藤本史子)  「北村の菜種の生産と販売」(大国正美)
震災記録 伊丹市交通局の活動
史料紹介 伊丹銘酒「泉川」醸造元大塚家と頼山陽-原老柳あて頼山陽書簡を中心に-(今井美紀)
研究ノート 原典に返る-「寛文9年伊丹郷町絵図」の再検討-(和島恭仁雄)  大根屋改革と大鹿村-武田丈蔵氏所蔵史料の紹介をかねて-(中川すがね)  『神戸又新日報』伊丹関係記事について (橋本唯子・三村昌司) 『新・伊丹市史』(仮称)編纂を目指して-事業の必要性と目指すべき方向- (伊丹市資料修史等専門委員会)

平成15年3月発売
定価1200円

 

『地域研究いたみ』31号

目次
幕末維新期西摂の農業経営-川辺郡野間古林家の事例-(山崎隆三) 会計基立金と小西新右衛門(賀川隆行)
史料調査報告(東野地区) 「東野地区史料調査の概要」(橋本唯子) 「明治8年新田中野村・大鹿村水論絵図(写)について」(藤本史子) 「園芸関係史料について」(橋本唯子)
史料調査報告(大鹿地区) 「大鹿地区史料調査の概要」(橋本唯子) 「武田丈蔵氏所蔵大鹿村の下札について」(中川すがね) 「近世大鹿村の成年式と若者仲間」(大国正美) 「最初 の川辺郡選出県会議員」(奥村弘) 「坂上正治氏文書『地誌編纂取調書』について」(橋本唯子)  「れいてんぐ」(藤本史子)
研究ノート 「猪名野神社神幸絵巻」をめぐって(植木行宣)  18世紀後半の小西家と姫路藩との交流-大名貸にともなう応接の記録から-(山名晶子) ゲージが定まらないと走れない(高橋正雄)
震災記録 伊丹市災害対策本部の活動(二)

平成14年3月発売
定価1200円

『地域研究いたみ』21~30号

『地域研究いたみ』30号

目次
17・18世紀交代期における伊丹の酒(2)-酒造書と「酒永代覚帳」を中心に-(鎌谷親善)
震災記録 震災時の市立伊丹病院
調査報告 豊臣時代の中村井をめぐる水論の史料について(中川すがね)  近世の西桑津村の村況と水利慣行の展開(大国正美) 西桑津村の歴史書『一本松』について(奥村弘)  聞き書き戦時下の西桑津(高岡裕之ほか)
研究ノート 伊丹の中世石造美術-『伊丹市史』の補遺(4)-(福澤邦夫)  鴻池村と山中新右衛門家補遺(岸添和義)
いたみ随想 西摂に「摂津型」経営を求めて(山崎隆三)
事業報告 平成11年度博物館企画展の概要(伊丹市立博物館)

平成13年3月発売
定価1200円

 

『地域研究いたみ』29号

目次
17・18世紀交代期における伊丹の酒(1)-酒造書と「酒永代覚帳」を中心に-(鎌谷親善) 
調査報告 池尻・西桑津地区史料調査の概要(橋本唯子・山名晶子) 池尻村の延宝検地反対運動(大国正美) 池尻・瀧内峻氏所蔵文書の概要(中川すがね・橋本唯子) 行基と昆陽寺の信仰-朝山真也氏所蔵行基関係文書から-(藤本史子)  西桑津村の猪名川河川敷開発(大国正美)  西桑津安楽寺の「本堂再建日記」について(中川すがね)
震災記録 伊丹市災害対策本部の活動  震災から復興まで-伊丹市長に聞く-
研究ノート 伊丹郷町の食生活-遺跡出土の貝類と文献史料から-(赤松和佳・川口宏海)
いたみ随想 続・ワシントンの桜-日米友好の桜・ハナミズキ物語- (内堀睦夫)
事業報告 平成10年度企画展の概要(山名晶子)

平成12年3月発売
400円

 

『地域研究いたみ』28号

目次
太田北山教育史料-西野家文書を中心に-(濱田恵子)
調査報告 豊かな地域の歴史像は地域の歴史資料から生まれる -昆陽・中野地区史料調査の趣旨と概要-(伊丹市資料修史等専門委員会)  染付松竹梅文皿(藤本史子) 昆陽・新田中野地区の名望家と収集史料の概要 (栗山圭子・皿海ふみ・中子裕子・橋本唯子) 旧昆陽村梶本家の史料について(中川すがね)  幕末維新期の武庫川洪水にみる村と領主-新田中野村内山家の留帳から-(大国正美)  昆陽村梶本家新出史料の語る明治16年の大旱魃 (奥村弘) 倉橋家文書について(高岡裕之)
震災記録 避難所となった市立稲野小学校の状況 (中山睦男・奥村弘・佐々木和子・内堀憲司)
研究ノート 稲野村農会資料について(橋本唯子)
事業報告 平成9年度秋季企画展「ふるさとの教育史II~むかしといま~」 (三枝芳美)  田川春荘画の「孔子像」と地域社会(大国正美)

平成11年3月発売
300円

 

『地域研究いたみ』27号

目次
武蔵国忍藩の飛地領陣屋-新田中野陣屋の設置と陣屋役人-(石川道子)
歴史講座 大震災と文化財
  史料ネットの活動-伊丹市を中心に-(高岡裕之) 震災復興発掘事業にともなう埋蔵文化財-南本町遺跡-(大村敬通)  江戸時代の在村医-伊丹市南野・笹山家の資料から-(横田冬彦)  聞き取りでさぐる伊丹のくらし(上井輝代)
震災記録 仮設住宅でのボランティア活動
事業報告 平成9年度夏季企画展資料でわかる歴史とくらし~大震災と文化財~  有岡城跡・伊丹郷町遺跡出土遺物について-震災関連発掘調査による出土遺物を中心として-(藤本史子)  干鰯商梶久左衛門という人-伊丹と尼崎の史料から-(中子裕子) 伊丹小唄と音頭(高岡裕之)  土製「外輪船」雑感(辰巳由祥)

平成10年3月発売
500円

 

『地域研究いたみ』26号

目次
震災復興歴史と文化を考える市民講座第5回(歴史資料ネットワーク) 事業概要(奥村弘) 発掘から見た伊丹郷町-近世から近代への発展-(川口宏海)  阪神間モダニズム文化の成立・崩壊  そして再生へ(今井美紀)  近代大阪と衛星都市(芝村篤樹)  まとめ(奥村弘)  
研究ノート ワシントンの桜-桜苗送るの記録-(内堀睦夫)  
震災記録 阪神・淡路大震災被災資料の調査と収集(亀田浩)  あれから2年(麻田茂)  阪神・淡路大震災時の阪急伊丹駅(中島浩)

平成9年3月発売
400円

 

『地域研究いたみ』25号

目次
調査報告
 旧森田司郎家住宅の建築構成と特色(大場修)
史料紹介 戦時中の伊丹国民学校児童の作品-宮本和夫氏寄贈資料-(伊丹市立博物館)
研究ノート 旧長尾村にあった陸軍施設-大阪陸軍獣医資材支廠長尾分廠について-(森美恵子)  鴻池村と山中新右衛門家(岸添和義)
事業報告  阪神・淡路大震災と伊丹の文化財 (伊丹市教育委員会生涯学習部社会教育担当)

平成8年3月発売
330円

 

『地域研究いたみ』24号

目次
戦後における伊丹市の行政の歴史と特徴(太田照美) 近世伊丹における相撲興行の展開と民衆(2)-在郷町の享楽の「場」と「人」をめぐって-(大国正美)
調査報告 佐渡法然寺の伊丹康勝石造五輪搭(福澤邦夫)
研究ノート 古文書からみた旧岡田家住宅(和島恭仁雄)

平成7年3月発売
330円

 

『地域研究いたみ』23号

目次
近世伊丹における相撲興行の展開と民衆-在郷町の享楽の「場」と「人」をめぐって-(大国正美)
座談会 学徒動員の思い出-県立伊丹高等女学校生徒と三菱電機伊丹製作所-(県立伊丹高等女学校第20回生有志)
調査報告 伊丹市域の柳谷講-加茂組心願講を中心に-(三枝芳美)
研究ノート 鴻池稲荷祠碑(藤井直正) 荒牧村年貢免定(岸添和義)  摂津国川辺郡山本里における行基の造地・造溝等について(田原孝平)
追悼文 黒田俊雄先生を偲ぶ(八木哲浩)

平成6年3月発売
330円

 

『地域研究いたみ』22号

目次
近世伊丹における興行と町政の成熟-在郷町の大衆芸能の展開と自治への関心から-(大国正美)
調査報告 伊丹市域の行者講-北河原を中心に-(三枝芳美)
史料紹介 湊町天王講永代帳(2)(下久保恵子)
いたみ随想 三重県名賀郡青山町と伊丹市掘抜帽子製作所社長掘抜義太郎 (越山邦夫)

平成5年3月発売
260円

 

『地域研究いたみ』21号

目次
伊丹・尼崎の寺院と民衆の動向(2)-近世地域史としてみた-(塩野芳夫 )
調査報告 伊丹市の神社と文化財 (佐藤直市)  奈良春日大社の伊丹衍清寄進石燈籠付伊丹清正石燈籠(福澤邦夫) 
史料紹介 湊町天王講永代帳(1)(下久保恵子)
研究ノート 伊丹廃寺に使用された相輪等の銅合金の特徴について(内田俊秀)  伊丹廃寺水煙等の保存処理(杉本和江)

平成4年3月発売
260円

『地域研究いたみ』11~20号

『地域研究いたみ』20号

目次
伊丹・尼崎の寺院と民衆の動向(1)-近世地域史としてみた-(塩野芳夫) 
調査報告  伊丹の中世石造美術-『伊丹市史』の補遺(3)(福澤邦夫)
史料紹介 神津製作所学徒動員の記録-大阪師範学校女子部予科生の日記(3)-(森川三都子)
研究ノート 大村氏と伊丹氏(亀田浩)
いたみ随想 思い出の記(高木えい)  昔の思い出(西畑ふく)

平成3年3月発売
260円

 

『地域研究いたみ』19号

目次
熊谷開作先生を偲ぶ(山中永之佑)
講演 行基の活動-摂河泉地域における-(吉田靖雄)  行基と東大寺大仏の建立(井上薫)
史料紹介 神津製作所学徒動員の記録-大阪師範学校女子部予科生の日記(2)-(森川三都子)
事業報告 第20回特別展「行基と昆陽池」(和島恭仁雄・三枝芳美)

平成2年3月発売
260円

 

『地域研究いたみ』18号

目次
近世伊丹酒造業の展開と小西家-酒造家資料調査によせて-(柚木学)  近世伊丹郷町の建築環境-近世伊丹郷町模型の制作過程(2)-(鈴木充)  
市指定文化財紹介 寛文9年在銘北伊丹道標(古川久雄)  「近衛家会所」所用の屋瓦(藤井直正)  文化5年銘唐箕(近藤雅樹)
史料紹介 神津製作所学徒動員の記録-大阪師範学校女子部予科生の日記(1)-(森川三都子)
研究ノート 御願塚古墳最近の調査(小長谷正治)

平成元年3月発売
260円

 

『地域研究いたみ』17号

目次
近世伊丹郷町の建築環境-近世伊丹郷町模型の制作過程(1)-(鈴木充) 伊丹の都市景観雑感 -阪神間の中庭都市・<Heart of HANSHIN> 園林都市伊丹を思考してみる-(水谷頴介)
講演 考古学から見た伊丹の町(藤井直正)
史料紹介 酒銘と似寄伊丹酒(石川道子)
研究ノート 猪名野神社の石燈籠(大手前女子大学考古学サークル・大阪商業大学考古学研究会)

昭和63年3月発売
260円

 

『地域研究いたみ』16号

目次
美術友禅工組合の構造 (小野寺逸也)  猪名川筋における土地所有権の成立(熊谷開作)  第8回全国町並みゼミ記念鼎談 (矢埜與一・原田薫・浅井彌七郎・(司会)八木哲浩)
史料紹介 明治前期の小学校と試験-伊丹小学校日誌より-(下久保恵子) 
 研究ノート 有岡城跡主郭出土の炭化米(佐藤敏也・浅岡俊夫)  伊丹の近衛家役所について -「関西文明」のひとつの原点を求めて-(作道洋太郎)
いたみ随想 大鹿のむかし(藤原米治郎)

昭和61年3月発売
230円

 

『地域研究いたみ』15号

目次
講演
伊丹廃寺跡の調査(高井悌三郎)
史料紹介 慶応2年武庫川筋洪水関係史料(和島恭仁雄)
研究ノート 御願塚の地名(伊丹地名研究会)
文献目録 上嶋鬼貫研究文献目録稿(入江昌明)

昭和60年3月発売
200円

 

『地域研究いたみ』14号

目次
摂津伊丹廃寺跡その後の調査(橋本久・田辺征夫・五十川伸矢)
座談会 行政資料の保存と公開(作道洋太郎・山中永之佑・高田常三郎・中西優・高木正捷・川西典夫・(司会)八木哲浩)
史料紹介 新田中野村の享保十五年水論関係史料(和島恭仁雄)
伊丹随想 池田家文庫「花熊之城図」考(八木哲浩) 上古のおもかげ偲ばせる昆陽(多田庵谷)
市史資料目録 内堀睦夫氏所蔵酒田市郎右衛門家文書
事業報告 昭和五八年度の展示活動(坂根隆治)
講演要旨 「スズメの生態」(橋本太郎)

昭和59年3月発売
200円

 

『地域研究いたみ』13号

目次
学制・教育令期の小学校-その開設と統合の史料をめぐって-(宮川秀一 ) 県下地方史編集の諸問題(前嶋雅光)  都市に棲む鳥(坂根隆治)
講演 地図つくり50年 (森三蔵)
いたみ随想 地名は大切なもの-地名を残すのは現代人の責務-(喜多伸介)
事業報告 第13回特別展「ふるさとの教育史」 -寺子屋から小学校へ-(和島恭仁雄)  第14回特別展「古地図」と移動博物館「伊丹の村絵図」展 (今井美紀)

昭和58年3月発売
260円

 

『地域研究いたみ』12号

目次
明治十年代の小学校-兵庫県学事検閲概況を中心に-(宮川秀一)  『神戸又新日報』掲載の部落史関係資料(大谷正) 郷学明倫堂教頭橋本香坡と伊丹-幕末教育史の一視点-(今井美紀)  鳥で見る伊丹の自然環境度(坂根隆治)
講演 にせもの・ほんもの(岡田利兵衛)
いたみ随想 麻田藩領川辺郡村々の諸史料(若林泰)
史料紹介 最禅寺・梵鐘の記(古結桂堂)  私論「猪名の語源」について(金鴻根)
事業報告 移動展神津の自然と歴史 (坂根隆治・土井政治郎・牧野由紀子・高田敏雄・河上仁之)

昭和57年3月発売
260円

 

『地域研究いたみ』11号

目次
地籍図と地域研究(桑原公徳)

講演 古地図の話(南波松太郎)  法眼春ト障壁画(岡田利兵衛)
遺稿 伊丹と川柳(湯川銀界)
いたみ随想 伊丹よいとこ-住めばふるさと-(香村菊雄) 三重県猪名部神社を訪ねて(金鴻根) 私の歴史体験、ふるさと探史(西谷巌)
事業報告 第12回特別展ヒマラヤの人と自然今井美紀・坂根隆治・小谷次男) 編集後記
史料紹介 市制実施当時の新聞記事

昭和56年2月発売
260円

『地域研究いたみ』1~10号

『地域研究いたみ』10号

目次
「大正期の地方行政と郡公報」-兵庫県川辺郡公報について- (山中永之佑) 鬼貫賛春ト画「四季草木画巻」について (源豊宗) 伊丹に於ける與鹿(岡田利兵衛) フランスの文書館制度 - 所蔵文書と文書の収集-(堀井敏夫)
座談会 大正期の地方行政を語る-郡制と川辺郡公報― (作道洋太郎・宮川秀一・山中永之佑・(司会)熊谷開作) 文化の振興と京都府 (井上裕雄)
研究ノート 論旨覚書-「雑兵」を決起させたもの(茨木一成)
編集後記・博物館だより

昭和55年3月発売
260円

 

『地域研究いたみ』9号(別冊付)

目次
鬼貫追悼のことば
鬼貫翁句碑撰文(岡田利兵衛)  よみがえる鬼貫翁(八木哲浩) 上嶋鬼貫年譜考(櫻井武次郎・安田厚子)  『鬼貫句選』編集の実態について- 『仏兄七久留万』との比較を通して-(入江昌明)  近世伊丹の町政組織について(鶴美子)
史料紹介 伊丹氏の初見史料のことなど-『伊丹市史』中世編・『伊丹中世史料』の補遺-(黒田俊雄)
いたみ随想 『独ごと』の評釈を終えて(弥吉菅一) 鳳林寺と鬼貫翁との縁(前野晃三) 地図とともに五十年(森三蔵)  ベルギーの学校(大西愛)

昭和53年11月発売
260円

 

『地域研究いたみ』8号

目次
追悼
 故伏見正慶市長をしのぶ (八木哲浩)  弔辞(岡田利兵衛) 大鹿妙宣寺覚書(藤井学) 摂州伊丹酒樽銘鑑(柚木学)
史料紹介 幕末の伊丹郷町-慶応三年の御用留に関して-(今井美紀)
いたみ随想 村重と鬼貫(百野省吾) 伊丹と住友(山崎英太郎) 歯に衣着せず(山本征和) 著作権制度概説(本庄和郎) 伊丹市立博物館- 五ヵ年の歩みと課題-(和島恭仁雄)  
編集後記・博物館だより

昭和53年1月発売
完売

 

『地域研究いたみ』7号

目次
書の霊(岡田利兵衛) 戦国期の近衛家領について(吉村亨) 伊丹荒村寺の応安七年宝篋印塔基礎と伊丹城跡発見文安五年-石五輪塔基礎- 「中世伊丹の石造美術」補遺(2)-(田岡香逸) 
史料紹介 北村のぶどう苗木栽培-「兵庫県川辺郡伊丹町ノ内北村葡萄樹栽培一班」について-(作道洋太郎)
研究ノート 城と連歌と-伊丹城跡見学雑感-(鶴崎裕雄)  荒木村重と私(瓦田昇) 伊丹と西鶴(川崎裕)
いたみ随想 鬼貫ざんげ(永田耕衣) 回想・議会生活十六年(小笠原正)

昭和52年3月発売
160円

 

『地域研究いたみ』6号

目次
柿衛文庫保存への提言(八木哲浩) 鑽仰柿衛先生 (野間光辰) 柿衛文庫のこと(木村三四吾) 岡田利兵衞先生略年譜・著述目録
座談会 地域の文化活動と博物館・美術館(荒尾親成・ 小野幸吉・富岡益太郎・仲田英・武藤誠・ 山口格太郎・岡部健彦・(司会)黒田俊雄)
いたみ随想 陽明文庫の由来(名和修) 想い出の記(小林利之進)
編集後記・行政資料室だより

昭和51年11月発売
160円

 

『地域研究いたみ』5号

目次
「藤原宗邇伝」小考(林基)  伊丹の中世石造美術-伊丹市史の補遺-(田岡香逸)
座談会 歴史史料および行政資料の保存について(小川泱・ 小野寺逸也・熊谷開作・檀上重光・ 門脇良光・(司会)八木哲浩)
史料紹介 加茂井用水をめぐる伊丹等五町村対小戸等  三村の水利訴訟判決(完)(熊谷開作)
いたみ随想 伊丹と私(城敬一郎)  伊丹の芝居小屋「七福座」(永田実) 「大阪国際空港」のこと(森本啓一) 一枚の古文書から-池田利隆禁制発見の経過-(伊東久之)
調査報告 伊丹市大鹿妙宣寺所蔵本尊経論書画等  調査概報(黒田俊雄)
編集後記・行政資料室だより

和51年3月発売
160円

 

『地域研究いたみ』4号

目次
伊丹城(鈴木充)
座談会 伊丹の文芸を語る(大路晴子・古結一市・春藤喜平・寺井民子・福田寛・柚木学・吉永登 ・小林利之進・(司会)岡田利兵衛)  和算と伊丹( 桑原秀夫)
史料紹介 加茂井用水をめぐる伊丹等五町村対小戸等三村の水利訴訟判決(熊谷開作)
いたみ随想 江戸から東京へ(伴恒雄)  伊丹飛行場の生いたち(小林郁雄)
書評 『日本近代国家の形成と村規約』山中永之佑著(酒井一)
編集後記・行政資料室だより

昭和50年9月発売
完売

 

『地域研究いたみ』3号

目次
大塩の乱と在郷町伊丹(酒井一)  盤珪禅師と最禅寺-鬼貫と不生禅-(門脇良光)
座談会 都市開発と文化遺産の保存(藤田和夫・高井悌三郎・鈴木充・三輪昌伸・宮下忠重・松本一郎・(司会)黒田俊雄)
史料紹介 新城屋新田をめぐる伊丹周辺の人びと(若林泰)
いたみ随想 南伊豆随想-摂州伊丹・有明丸を追って-(柚木学)  私の地域いたみ(脇田はな)
編集後記・行政資料室だより

昭和50年3月発売
完売

 

『地域研究いたみ』2号

目次
明治中期川辺郡における階級選挙制の展開(熊谷開作)
座談会 伊丹市政の今昔を語る(岡田利兵衛・宮川秀一・作道洋太郎・鷹尾里栄・伏見正慶・渋谷常治郎・(司会)山中永之佑)
史料紹介 明治13年南野村、村中永々約定証(山中永之佑)
いたみ随想 歴史を書くことのむずかしさ(宮川秀一)  市史編纂について思(藤本篤)  稲野の土は暖かい(下村七郎) 購入図書及び受贈図書一覧
編集後記・行政資料室だより <口絵写真・解説鬼貫俳句二章(岡田利兵衛)>

昭和49年9月発売
完売

 

『地域研究いたみ』1号

創刊のことば(伏見正慶) 「地域研究いたみ」への期待 (八木哲浩) 森本百丸の研究 (岡田利兵衞)
座談会 伊丹市の修史事業と文化遺産の保存(古結一市・荒西熊治・浅尾登貴子・熊谷開作・下村貞夫・(司会)門脇良光)
史料紹介 明治前期における伊丹の肥料会社-旺農社の「肥料貸与会社規則」について-(作道洋太郎)
いたみ随想 市史編纂完結後の雑感(坂戸照雄) 摂津いな野と播磨いなみ野(中嶋仁道) 人間回復のために(有井基) 伊丹市修史事業・覚書(おぼえがき)-市史編纂こぼればなし-( 門脇良光)

昭和49年3月発売
完売

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部博物館
〒664-0898伊丹市千僧1-1-1
電話番号072-783-0582 ファクス072-784-8109

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。