伊丹俳壇「ことば」・歌壇「ことば」(復刊第12号)

伊丹公論掲載箇所

伊丹俳壇「ことば」

最優秀賞

新聞紙テントウムシが歩いてる(かつらいす)

優秀賞

言いかけたことばが溶けるソーダ水(えんどうけいこ)
ひとことで言うとぞっこん若葉風(芳賀博子)
空豆にビールがあって大ずもう(正野ゆう子)
錦織は負けるしたけのこの欠伸(弘津彰子)
白薔薇と共犯になることば哉(SEIKO)

伊丹歌壇「ことば」

最優秀賞

ヒトヨタケ一夜で消える菌類の胞子あなたのコトバにかける(山本純子)

優秀賞

手招きをするかのように鮮やかなきみの言葉に水底を蹴る(松井幸子)
雪の夜の祖父母の間よりこぼれくるどの睦言も摂津の訛り(澤井みのり)
羊の毛剪るやうにまた忘られてゆくことばたち地面を這いぬ(小田和子)
つぎつぎにサラダに降りてゆくチーズ紋白蝶が退化している(秋本こゆび)
マネキンのヌードの森に迷い込みノゾキ禁止のことばふりきる(秋山泰)

伊丹公論復刊第12号(通巻第31号)

地図情報

お問い合わせ先
教育委員会事務局生涯学習部 市立図書館「ことば蔵」(交流事業・貸室担当)
〒664-0895 伊丹市宮ノ前3-7-4
電話072-784-8170ファクス072-784-8169
【開館時間】平日:午前9時半~午後8時 土・日曜、祝・休日:午前9時半~午後6時
【休館日】月曜日、12月29日~1月3日
【図書整理日等】第1木曜(祝・休日除く)、特別整理期間(6月)は図書サービスが利用できません。1階・4階はご利用いただけます。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。