現在の位置

10月10日の中学校給食は「目の愛護デー献立」でした

10月10日は、日付け(10と10)を横向きにすると人の目と眉毛の様に見えることから「目の愛護デー」とされています。中学校給食でも目の愛護デーに合わせ、目に良いとされる栄養素を含んださまざまな食材を使用した「目の愛護デー献立」をご用意しました。献立内容は、ご飯、牛乳、レバー入りつくねの酢豚風、人参しりしり、モロヘイヤのスープ、紫芋チップスです。
この日は中間テストが行われた学校も多かったので、給食があった学校は2校のみとなってしまいましたが、給食センターでの調理の様子をご紹介します。

レバー入りつくねの写真
これは、レバー入りつくねです。レバーに含まれるビタミンB1、ビタミンB2は眼精疲労に効くといわれます。
いぶつかくにん写真
つくねを少しずつ手に取り、異物等が無いかを確認します。
つくねにタレを絡めている写真
チェックが終わったつくねを、フライヤーで揚げていきます。揚がったものは、各学級の人数にあわせて重さを量り、酢豚風のタレを絡めて食缶に入れていきます。もちろんタレも手作りです!
ニンジンの写真
人参にはビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAは、目の粘膜を正常に保ち、ドライアイの予防にも効果的です。暗いところで目が見えにくくなる夜盲症は、ビタミンA不足が原因とされているので、目の健康のために重要な栄養素です。
にんじんしりしりの写真
人参しりしりは沖縄県の郷土料理です。人参をたっぷり使用し、ツナと一緒に炒めて完成です。卵を入れても美味しいですよ!
モロヘイヤ異物確認中写真
これは、モロヘイヤに異物や虫がいないかを確認している様子です。
モロヘイヤスープの写真
モロヘイヤは疲れ目に効果的なルテインや、人参と同じビタミンAを含む野菜です。葉を刻むと粘りが出るので、納豆などと混ぜたり、おひたしにしても美味しいです。この日の給食では、スープに入れました。
モロヘイヤスープ完成写真
ベーコンや豆腐、筍など他の食材を加え、調味料で味をととのえたら完成です。
紫芋チップスの写真
紫芋は、青紫色のアントシアニンを豊富に含んでいるさつまいもの一種です。アントシアニンは、目がものを認識したときに働くロドプシンという物質の合成をサポートします。
給食の写真
今日の給食です。
目の愛護デーポスター
ポスターを作成し、各校へ配布しました。
お問い合わせ
教育委員会事務局学校教育部中学校給食センター
〒664-0836伊丹市北本町3-45-1
電話番号072-784-8045 ファクス072-784-8046