現在の位置

7月12日の中学校給食に「伊丹産野菜」を使用しました!

7月12日の「伊丹産夏野菜のペンネ」に、伊丹市で採れたトマト、玉ねぎ、茄子を使用しました。

市内の農家さん達がたくさんの愛情を注いで育ててくれた野菜はとても美味しいです!伊丹市の畑の面積は122.47ヘクタール(甲子園球場32個分)で、伊丹市の総面積2,497ヘクタール中の約5%を占めます。皆さんの住んでいる地域や中学校の近くに畑はありますか?伊丹市で収穫された野菜は、市内のスーパーなどでも販売されているので、探してみてくださいね。
今回は「伊丹産夏野菜のペンネ」ができあがるまでの様子をご紹介します。
 

今回給食に使用するトマトを育てている畑を見に行きました。トマトを育てるビニールハウスには苗が890本くらいあり、1つの苗からは約20個のトマトが採れるそうです。
トマト農家の方は、「地元の野菜の良さ、とれたて野菜のおいしさを知ってほしい。」と話していました。あまり水を与えずに育てることで、甘いトマトになるそうです。
茄子もビニールハウスで育てていました。苗は80本植えてあり、1本の苗から100個の茄子が収穫できることもあります。
茄子農家の方は「茄子が嫌いな子も、頑張って食べてください。」と話していました。朝5時半頃から畑作業や袋詰めなどをしているそうです。
玉ねぎ畑の様子です。シートの下の土の中に玉ねぎが埋まっているのが分かりますね。
この日の給食では、農業青年研究会の皆さんが育てた玉ねぎを使用しました。
今回の出来はとても良かったそうです!
「夏野菜のペンネ」に使用するトマト110kgは、全て伊丹産です!
調理員さんが1つずつ丁寧にへたを取り除いています。
茄子は丁寧に洗浄します。
玉ねぎは皮をむいてから洗浄します。
これは角切りにカットができる機械です。普段はじゃがいもなどをさいの目状にカットする際に使用します。
丸ごとのトマトが、きれいな角切りになって出てきました!
茄子や玉ねぎを、その他の野菜やベーコンなどと一緒に回転釜で炒めます。
先ほど角切りにしたトマトを入れ調味料で味を調えます。
下ゆでをしたペンネを入れ、さらに加熱して完成です!
たくさんの夏野菜が入ったおいしいペンネができました。
野菜を育ててくださった伊丹市の農家の皆さん、美味しく調理してくださった調理員さん、ごちそうさまでした!
お問い合わせ
教育委員会事務局学校教育部中学校給食センター
〒664-0836伊丹市北本町3-45-1
電話番号072-784-8045 ファクス072-784-8046