現在の位置

<トライやる・ウィーク>南中学校と北中学校の生徒に業務体験をしてもらいました(中学校給食センター)

令和元年5月13日から5月17日までの5日間、中学校給食センターにてトライやる・ウィークを実施しました。

5月13日(月曜日)から5月17日(金曜日)の5日間、「トライやる・ウィーク」として北中学校の生徒1名、南中学校の生徒1名、計2名に中学校給食センターの業務体験をしてもらいました。

生徒たちには給食センター内の調理場で、栄養教諭や委託業者の調理員から食材の検品や調理の方法を教わりながら、学校へ運ばれてくる給食がどの様に作られているかを体験してもらいました。

また、調理場での作業だけでなく、給食献立についても考えてもらいました。
「みんなが興味を持ち、残食を減らせる献立」をテーマに、2人で意見を出し合いながら、好きな食べ物だけではなく、栄養価や食材の組み合わせなどを考慮した献立作りに頭を悩ませながら頑張って作ってくれました。

この5日間の体験を通じて得た経験を、将来の夢の実現に役立てていただければ幸いです。

中学校給食センター職員一同、心から応援しています!

ほうれん草の中に異物がないか検品しています。

干ししいたけの検品中です。少しずつ手にとって確認しています。
ポークシュウマイを鉄板に並べています。

「3色ナムル」を大しゃもじで混ぜています。重くて大変ですが頑張っています!
この日のメニューは「ポークカレーライス」でした。豚肉を検品しています。
回転釜でカレーの具材を煮込んでいます。
ルゥが入り、とろみがついてとても重たそうです。


洗浄が終わった白ねぎをスライサーにかけて切ります。この後、切れたネギを手にとって、大きさなどをチェックします。
ハンバーグを各クラスの食缶に入れています!



「コーンポテト」に使うじゃがいもの皮むきをしています。だんだんピーラーにも慣れてきました!
できあがった「コーンポテト」を各クラスの食缶に入れています。各クラスの人数に合わせて、重さを量って配缶するので大変です。
トラックに乗って、それぞれの中学校へ給食を配送しました。
コンテナを配膳室に移動させる作業にも挑戦しました。
学年の先生方がトラックの到着を待っていたため、緊張していました。
午後からは、2人で協力して献立とポスターの作成をしました。
この献立は、2学期の給食に登場します。お楽しみに!
初日は緊張していた2人でしたが、トライやる・ウィークの5日間で非常に仲良くなりました。もちろん、しっかりと活動にも取り組んでくれました。それぞれ中学校へ戻って、今回学んだことを周りの友達にも伝えてくださいね。
お問い合わせ
教育委員会事務局学校教育部中学校給食センター
〒664-0836伊丹市北本町3-45-1
電話番号072-784-8045 ファクス072-784-8046