現在の位置

中学校給食センターにて防災献立を提供しました!

 1月17日(木曜日)、中学校給食センターでは防災献立を提供しました。

本日の献立は、保存に適した食材を使用し、災害時においての必要な栄養素を摂取できる内容となっています。

献立内容は、「鯖の混ぜご飯」、「高野豆腐の味噌汁」、「チキンソーセージ」、「みかん」、「乾パン」です。

 多くの尊い生命が奪われた阪神・淡路大震災から今年で24年目となります。

 生徒の皆さんには今日の給食を通して、生命の尊さ、今、生きていることへの感謝、災害時の食事を考える機会にしていただければ幸いです。

献立写真
【献立内容】
鯖の混ぜご飯、牛乳、高野豆腐の味噌汁、チキンソーセージ、みかん、乾パン
給食食材(高野豆腐)の写真
高野豆腐の味噌汁に使用する「高野豆腐」です。
給食づくりの様子
高野豆腐を水で戻しています。高野豆腐はタンパク質も豊富で保存に適していますので災害時に備えておくと便利です。
給食食材(じゃがいも)の写真
高野豆腐の味噌汁に使用するじゃがいもです。
給食づくりの様子
じゃがいもの皮を剥き、洗っています。
給食づくりの様子
高野豆腐の味噌汁の出来上がりです。
給食づくりの様子
鯖の混ぜご飯には「鯖の水煮」を使用しています。災害時に鯖缶を備蓄しておくと便利です。
給食づくりの様子
鯖の混ぜご飯に使用する「ひじき」です。ひじき等の乾物も備蓄しておくと便利です。
給食づくりの様子
鯖の混ぜご飯の具の出来上がりです。








給食食材(みかん)の写真
災害時にはビタミン不足になり易いので「みかん」を提供しました。
給食づくりの様子
みかんを各学校ごとに分けています。
給食食材の写真
災害時の保存食として「乾パン」を提供しました。