現在の位置

中学校給食センターにて災害対応機能を併せもった設備を活用し、防災訓練に参加しました!

 1月21日(日曜日)は伊丹市総合防災訓練があり、「20万人市民総ぐるみ いたみのみんなで防災行動を!!」のスローガンのもと、市内の様々な場所で実施されました。

 中学校給食センターにおいても災害時対応可動式釜を屋外へ移動させ、その釜を使用して豚汁を調理し、伊丹市立スポーツセンターへ運び、防災訓練参加者約300人に提供しました。

 災害はいつ発生するか分かりませんが、防災への備えをしつつ、実際に訓練することの大切さを考える機会となりました。

 

防災訓練の様子
災害時対応可動式釜を屋外に移動しています。



防災訓練の様子
災害時対応可動式釜にはキャスターがついているので比較的簡単に移動することができます。
防災訓練の様子
災害時対応可動式釜に水を入れて、お湯を沸かして、豚汁を作ります。



防災訓練の様子
具材を入れて、豚汁を作っています!



防災訓練の様子
豚汁が出来上がり、配缶し、スポーツセンターへ。
防災訓練の様子
約300人分の豚汁はスポーツセンター体育館へ届けられ、防災訓練を無事終えることができました。
お問い合わせ
教育委員会事務局学校教育部中学校給食センター
〒664-0836伊丹市北本町3-45-1
電話番号072-784-8045 ファクス072-784-8046
中学校給食センター