現在の位置

『伊丹市立学校園におけるアレルギー対応マニュアル』

 近年、子どもたちを取り巻く生活環境や社会環境の急激な変化に伴い、全国的に食物をはじめとするアレルギーを有する子どもが増加・多様化しています。

 そのような中、平成24年12月に東京都調布市で、学校給食後に食物アレルギーによるアナフィラキシーショックの疑いにより児童が亡くなるという事故が発生しました。

 こうした事故を二度と起こさないよう、平成27年3月には、文部科学省により「学校給食における食物アレルギー対応指針」が、平成29年3月には、兵庫県教育委員会により「学校におけるアレルギー疾患対応マニュアル(平成28年度改訂)」策定され、アレルギー対応を組織的に行うことや、医師の診断に基づくこと、安全性を最優先とすることなどが新たに示されました。

 このことを受け、本市では、アレルギーを有する幼児児童生徒が、安全・安心な学校園生活を送ることができるよう、医療・消防・学校関係者から成る「アレルギー対策委員会」を設置し、平成27年2月に「伊丹市立学校園におけるアレルギー対応マニュアル」を、また、同年12月に「伊丹市立学校園におけるアレルギー対応マニュアル(改訂版)」を策定しました。

 このような中、平成29年6月から中学校給食が開始され、小中学校ともに「アレルギー対応食(「卵」除去食)」の提供を開始したことに伴い、本マニュアルの改訂を行いました。

学校園におけるアレルギー対応実施基準

(1)医師の診断・検査によりアレルギーと診断され、特定の物質に対して対応の指示があること。

(2)「学校生活管理指導表」、または、それに準じた診断書が提出されていること。

(3)原則として1年に1回は医療機関を受信していること。

(4)家庭でも医師から指示された対応を行っていること。

『伊丹市立学校園におけるアレルギー対応マニュアル』

 本マニュアルに基づき、「実態把握」「未然防止」「緊急時対応」の3つの観点から、安全・安心な学校園づくりを目指したアレルギー対応を実施します。 

表紙~基礎知識(PDF:422.9KB)

未然防止(PDF:742.8KB)

緊急時対応(PDF:297.9KB)

参考資料~裏表紙(PDF:86.3KB)

様式集(PDF:3.7MB)

お問い合わせ先
教育委員会事務局学校教育部保健体育課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8087 ファクス072-784-8083

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。