現在の位置

平成26年度第3回土曜公開講座(平成26年11月15日 伊丹市立伊丹高等学校)

 伊丹市立伊丹高等学校のキャリアセンターで11月15日(土)、地域住民・PTA、同校生徒が、「猪名野笹原の秋の七種~百人一首に詠まれた伊丹を再び~」をテーマにした講座を受講しました。

 講師は、兵庫県立大学名誉教授、川西市教育委員長 服部保 氏。百人一首の中に大弐三位の「有馬山猪名野笹原風吹けばいでそよひとを忘れやはする」という有名な歌があります。その猪名野笹原は伊丹市内にかつて存在していたササの草原です。伊丹のササの草原とはどのようなものであったのか、また再生への取組を生態学の見地から解説して頂きました。

 服部氏は、植物生態学が専門でありますが、文学的なアプローチから「いなのささはら」を研究。『「いな」の枕詞は?高校生どうですか?』など何度も高校生に質問しておられ、一般市民の方がそれに答える場面があり、高校生と市民の方が共に学ぶいい機会となりました。自分の地域の中で、枕詞が使われていることはほとんどなく、だからこそ「いなのささはら」を再現し伊丹市のシンボルにしてはどうか、市立伊丹高校の敷地に「いなのささはら」を、高校生の手のよって再現してはどうか?と熱く語られていました。また、講演後の感想では、「専門的に分析するとこんなにも楽しいものかと思った」「郷土愛を子ども達に教えることは大切だ」など寄せられ好評でありました。

 この、土曜公開講座は、平成25年度から全日制高校の特色化事業として始まり、土曜日に外部講師を招いて、高校生と地域の方々が共に学ぶ地域公開講座です。今年度3回目を終了し、残すところあと1回となりました。回を重ねるごとにリピーターの方も増え、質疑応答では地域の方々からさまざまな質問が出て、高校生にとっても大きな刺激となっています。第4回は2月7日「魅力ある公共施設を次世代に」を予定。受講料は無料です。

お問い合わせ先
教育委員会事務局学校教育部学校教育室教育企画課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-780-4313 ファクス072-784-8083

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。