現在の位置

総合的な学習の時間における郷土史学習(平成26年5月21日  笹原中学校)

 笹原中学校の音楽室で5月21日、2年生172人が、講師に伊丹市教育委員会事務局生涯学習部社会教育課の中畔明日香氏を招き、総合的な学習の時間に、郷土史学習を行いました。

 5月29日実施の校外学習の事前学習として、荒木村重と黒田官兵衛、伊丹と姫路との関わりについて学びました。校外学習では、官兵衛ドラマ館の見学、姫路城の見学、さらに、姫路城改修工事の一翼を担った「光洋製瓦」での「瓦づくり」体験や地元の名産「明石焼きづくり」体験を行いました。郷土学習や体験学習を通して、11月実施のトライやる・ウィークに向けて、ものづくりや仕事を行う上で大切なことをしっかりと学びました。

 この日の郷土史学習で、生徒達は真剣な眼差しで話を聞きいており=写真、「歴史に興味が持てて、姫路城に行くのが楽しみになりました。」「詳しく、わかりやすく話していただき、正しい歴史を理解できました。」等の感想を寄せていました。

講師の中畔明日香氏は、現在大河ドラマで放映されている内容とあわせながら、わかりやすく説明し、さらに原作やドラマと史実が異なっているところを、忠実に語りました=写真。予備知識を持って、校外学習に行くことで、今回の説明とつながりが出てくれればと語っていました。

中畔氏は、中学生に教えるのは初めてで、通史を習っている中学生には教えがいがあり、「教科書に載っていないことを教えることができた。」と喜んでいました。また、「郷土の歴史を知ることで、少しでも多くの学生が歴史に興味を持ってもらえれば。」とさらなる講演の機会の実現に意欲を持っていました。

講義する中畔氏

お問い合わせ先
教育委員会事務局学校教育部学校教育室教育企画課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-780-4313 ファクス072-784-8083

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。