現在の位置

平成26年1月

1月15日(水曜日)

 先日、「ジャンボ」の愛称で親しまれ、今年3月に退役する「ボーイング747」が久しぶりに伊丹空港に飛来しました。全日空のご厚意で、伊丹市を含む空港周辺市の市民を乗せて伊丹空港でのラストフライトとしての遊覧飛行を行うためです。このイベントは脇茜さんという社員の方の発案で、ジャンボの運航に協力してもらった周辺住民のみなさんに恩返しをしたいという趣旨だそうです。空港ビルやスカイパークにも大勢の見学者の方々がいらっしゃって、大変な賑わいでした。

 私も市民のみなさんとともに乗せていただきましたが、以前何度も利用し、愛着を感じていた機材ですので、感慨深いものがありました。飛行は東に向かい、房総半島上空でUターンする1時間半のコースで、通常の定期便より低いところを飛び、なんといっても雪を被った富士山の雄姿がハイライトでした。

 

(写真左:多くの航空ファンが訪れた伊丹スカイパークの様子 / 写真右:今年3月で退役するボーイング747)

 

(写真左:イベントを企画された脇さんと藤原市長/写真右:オープニングセレモニーの様子)

 

(写真左:伊丹空港から離陸するボーイング747 / 写真右:機内から撮影した富士山)

1月1日(水曜日)

 「誇りと愛着を育み 夢と魅力があふれる まちづくり」

 謹んで新年のお祝いを申し上げます。
 市民の皆さまには、お健やかに平成26年の初春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、ご存じの通り、伊丹っ子、プロ野球・田中将大投手が大活躍しました。そして、私たち伊丹市民、特に子どもたちに大きな夢と希望を与えてくれた輝かしい偉業をたたえ、市民栄誉賞を贈りました。
 また、今月よりNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」がスタートしますが、これに合わせ、「いたみ官兵衛プロジェクト」を推進中です。物語に登場する有岡城や城主の荒木村重をはじめ、伊丹郷町など本市の歴史・文化をイベントや関連商品などを通じて市内外に広くPRしていきます。市民の皆さまもぜひこのプロジェクトにご参加ください。
 そして私自身のことで恐縮ですが、昨年春の市長選挙で市民の皆さまにご信任をいただき、向こう4年間、市政をお預かりすることとなりました。まちづくりのかじ取り役としての責任と使命を胸に、今年も市民の皆さまとともに「夢と魅力があふれるまち伊丹」を実現してまいります。
 中でも、市長マニフェストでお約束した「中学校給食の実施」につきましては、給食導入検討委員会での議論や答申を経て基本方針を策定し、早期実現に向けた取り組みを進めていきます。
 また、「人と自転車にやさしいまちづくり」に関しましても、多発する自転車事故などを踏まえ、自転車レーンなどの整備と併せ、マナー向上に向けた啓発や教育などに一体的・総合的に取り組みます。
 このように、本年も「安全・安心」と「人づくり」を施策の柱に据え、全ての市民の皆さまが住むことに誇りと愛着の持てるまちづくりに全力を傾注していきます。
 本年が皆さまにとって夢と希望に満ちた良い年になりますよう心からお祈り申し上げます。

ケーブルテレビ番組: 伊丹だより「市長新春対談」(外部サイトへリンク)

いたみ官兵衛プロジェクトイメージキャラクター「村重たみまる」ともちつき大会

撮影日:平成25年12月1日 女性・児童センターにて

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。