現在の位置

教育長の日記

平成30年4月18日  水曜日  「第1回教頭会」

 本日午後から、総合教育センターにおいて平成30年度「第1回教頭会」が、開催されました。
 最初に、教育委員、事務局職員、各校の教頭の紹介がありました。因みに、今年度は6名が教頭に昇任・採用しました。
 私からは、冒頭のあいさつで「新学習指導要領」について、教頭の職務として大切な『校長の補佐』、『人材育成』、『危機管理』について話しました。
 『校長の補佐』については、子どもや地域の様子などをこまめに情報収集し、校長に提供することが大事であること、『危機管理』については、学校は、常に「子どもの命」と「教員の生活」を預かっているという意識を持っておいてほしいと伝えました。
 続いて、山中管理部長から平成29年度の「人事異動について」、「予算の概要について」等について、佐藤学校教育部長から「伊丹の教育」に係る学校教育に関する事項について、村田生涯学習部長から生涯学習に関する事項について、柳田教育長付参事から人権教育に関する事項について、二宮幼児教育施策推進班長から幼児教育推進計画についての説明がありました。
 メインの「研修」では、総合教育センター太田所長から、「コミュニティ・スクール(CS)」をテーマに、なぜ、今コミュニティ・スクールが必要なのかについて、講話がありました。
 CSをスムーズに導入するためには、教員や地域の人が不安や負担に感じていることを分析し、具体的に取り組むべき必要な要因を示唆いただきました。実践に基づくお話であり、教頭先生方にとっては、とてもよく理解できたと思います。

教育長挨拶

教頭先生方

研修「コミュニティ・スクール」について

教育長の挨拶(要約) (PDF:85KB)

平成30年4月12日 木曜日 「幼稚園 入園式」

 今日は、市内16幼稚園と神津こども園で「入園式」が行われました。
 私は、南幼稚園の入園式に参加してまいりました。南幼稚園には、25名の新入園児が入園してきました。
 平山由里子園長先生から、新入園児に対して、「皆さんが入園してくるのをとても楽しみにしていました。そして、3つの約束(元気よくあいさつをしましょう。『早寝・早起き・朝ごはん』を守りましょう。困ったことや分からないことは先生に必ず聞きましょう。)を守ってください」と式辞を述べられました。
 また、保護者の皆さまには、「家庭と幼稚園の信頼関係を築き、一人ひとりのよさを伸ばしていきます」と挨拶されました。
 在園児(5歳児)全員から、「南幼稚園には、楽しい遊びがいっぱいあります。一緒に遊ぼうね。」と歓迎のことばがありました。
 南幼稚園は、4歳児1クラス(25名)、5歳児1クラス(24名)となりました。園児のみなさん、友だちをいっぱい作って、おもいっきり遊び、たくましく成長してください。心も体も大きく成長することを、とても楽しみにしています。

園長先生のお祝いのことば

担任・職員紹介

手遊び「むすんでひらいて」

平成30年4月11日 水曜日 「中学校入学式」

  今日は、市内8中学校の「入学式」が行われました。私は東中学校に行ってまいりました。
211名の新入生は、真新しい制服を身にまとい、少し緊張気味に式に臨んでいましたがその姿がとても初々しく映りました。
 今年度、校長に着任された垣内校長からは、式辞の中で、『学ぶ』ということについて、「主体的な学びを確立してほしい。人間関係を学び、社会の一員となれるよう粘り強く学んでほしい。また、失敗を恐れず、いろいろなことに果敢に挑戦してほしい」と述べられました。
 中村PTA会長さんからは、「大きな夢や目標を持って、粘り強く挑戦してほしい」と祝辞が述べられました。
 その後、新入生を代表して目春咲さんが、「どんなこと(行事)があるのか、どんな友だちができるのか、とても楽しみです。先輩の皆さんよろしくお願いします」との誓いの言葉がありました。
 また、在校生を代表して、生徒会長の上野聡太さんが、「東中学校の特色は、行事が充実しています。地域との連携が強く地域に支えられたり、地域を支えたりする活動が定着しています」と歓迎の言葉がありました。
 最後に、在校生による「校歌合唱」があったのですが、声量もあり、「すばらしい」の一言です。この合唱に、「今年1年頑張るぞ」という決意が込められているのを感じました。

学校長式辞

目春咲さんによる 新入生代表「誓いのことば」

生徒会長上野聡太さんによる 在校生代表「歓迎のことば」
 

平成30年4月10日 火曜日 「小学校 入学式」

  雲1つない快晴のもと、市内17小学校で「入学式」が行われました。
  私は、笹原小学校の入学式に出席しました。まず、新1年生143名が元気いっぱい、目をキラキラ輝かせながら担任の先生に誘導されて入場してきました。
校歌斉唱では、6年生53人による「校歌隊」がすばらしい歌声を披露してくれました。校歌斉唱の後、村上順一校長からは、お祝いのことばの中で、「すばらしい「笹っ子」になるための3つの約束(1.自分のことは自分でする。2.あいさつや返事をしっかりとする。3.友だちと仲良くする。)を守ってください」と話されました。
  稲垣PTA会長からは、「PTAはみんなを守ります。学校の先生はやさしいので、安心して楽しい学校生活を送ってください」とお祝いのことばを述べられました。
  続いて、在校生を代表して6年4組の川崎桂輔さんから「仲間が増えてとてもうれしいです。楽しい行事もいっぱいあります」と歓迎のことばが述べられました。
  1年生のういういしい姿がとても印象に残りました。友だちをたくさん作って、何事にも積極的に取り組み、体も心も大きく成長してほしいと願っています。

学校長の話

担任紹介

6年生代表 川崎桂輔さんによる歓迎のことば

平成30年4月2日(月)「平成30年度 新規採用教員入所式」

 本日、平成30年度がスタートしました。
 朝から辞令交付を行い、午後からは、今年度、管理職(校長・教頭)に昇任や採用をされて、県で辞令を受けた先生方が揃ってご挨拶にこられられました。
 午後3時からは、本年度、新規で採用した教員39名、指導主事7名、交流人事で他市から本市に採用した教員8名、合計54名の「入所式」を行いました。
 冒頭、私から、「児童生徒や保護者から信頼される教師になってください。」と歓迎の言葉を述べさせていただきました。引き続いて、新規教員を代表して昆陽里小学校の金明浩教諭から、教育公務員としての心構えなど「宣誓」があり、引き続いて、南中学校の柳原百教諭から、「課題解決に向けて粘り強く取り組みます。観察力を磨きます。様々な立場の人と連携していきます。」と力強く「抱負(決意)」を述べられました。
 新たな門出にふさわしい、背筋の伸びたピリッとした入所式でした。伊丹の教育のために頑張ってくれる先生方が増え、大変うれしい限りです。
 今の「初々しい気持ち」をいつまでも持ち続けてください。

歓迎のことば

入所式 歓迎のことば

宣誓

昆陽里小 金明浩教諭による宣誓

抱負発表

南中 柳原百教諭による抱負発表

平成30年4月1日(日)「第62回 伊丹市教育委員会杯卓球大会」

 本日、伊丹スポーツセンター体育館において、小学生から70代の高齢者まで、多くの人が会し「第62回伊丹市教育委員会杯卓球大会」が開催されました。
 卓球は、今、健康の保持増進や娯楽としても楽しめることもあり、幅広い年代層に人気があります。
 また、男子の張本選手や女子の伊藤選手、平野選手、早田選手など10代の若い世界で戦える有望な選手が次々と出てきており、国民の期待の高い競技でもあります。そのようなこともあって、今大会にも、小学生から一般選手まで200人を超える人が参加していました。
 開会式後の試合では、体育館全面に設置された27コートで熱戦が繰り広げられていました。小学生と大人が試合をするのは、他の競技ではあまり見かけないのですが、卓球ならではのよさだと思いました。
 杉会長から伺ったのですが、この大会には伊丹市民だけではなく阪神各市の親睦を図るため、他市からの参加も認めているということです。
 これからも、よろしくお願いします。

開会式の様子

開会式の様子

 

白熱する試合の様子

白熱する試合の様子
 

過去の日記

平成27年度

平成28年度

平成29年度

お問い合わせ先
教育委員会事務局学校教育部学校教育室教育企画課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-780-4313 ファクス072-784-8083

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。