現在の位置

マイナンバー利用事務における本人確認書類

平成28年1月から、マイナンバー利用事務において、本人確認(番号確認(正しいマイナンバーであることの確認)と身元確認(マイナンバーの正しい持ち主であることの確認))が必要となりました。これは、なりすましの防止として、マイナンバーが間違っていないか、申告者等が本人であるかを確認するための重要な作業ですので、ご理解・ご協力をお願いします。

 

(1) マイナンバーの記載が必要な主な税務関係書類

窓口でマイナンバーの記載が必要となる主な税関係書類は次のとおりです。

マイナンバーを記入する申告書等を提出する際には、本人確認書類の提示が必要です。(下記(2)の表をご覧ください。)

代理人が申告書等を提出する際には、委任状等が必要です。(下記(3)の表をご覧ください。)

表:マイナンバー利用事務及びマイナンバーの記載が必要な税務関係書類の例

マイナンバー利用事務

及び

マイナンバーの記載が必要な税務関係書類

個人市県民税事務

平成29年度(平成28年分所得)以降

市民税・県民税申告書

軽自動車税事務 平成28年度以降の軽自動車税減免申請書

 

(2) 本人確認書類

表:本人確認書類の例

番号確認書類

【次の書類から1点

マイナンバーカード(裏面) / マイナンバー通知カード / 住民票の写し(マイナンバーが記載されたもの) 等

身元確認書類

【次の書類から1点

マイナンバーカード(表面) / 運転免許証 / パスポート / 障害者手帳 / 在留カード / 特別永住者証明書 / 健康保険証 / 年金手帳 / 税理士証票 / 顔写真付き身分証明書等(氏名・生年月日 / 氏名・住所が記載されたもの) / 伊丹市が氏名及び生年月日をあらかじめ印刷して送付した申告書 等

【次の書類から2点

顔写真なし身分証明書等(氏名・生年月日 / 氏名・住所が記載されたもの) / 税・社会保険料・公共料金の領収書 / 戸籍の附票の写し(謄本・抄本も可) / 住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの)  / 母子健康手帳 /  特別徴収税額決定通知書 / 納税通知書 / 源泉徴収票 等

郵送による申告等の場合は、上記書類の写しの提出をお願いします。

 

(3) 代理人が申告等の手続をするときの必要書類

表:代理権並びに代理人及び本人の本人確認書類の例

代理権確認書類

委任状(税務代理権限証書) 

委任状等の提示が困難な場合は、本人しか持ちえない書類(例:本人のマイナンバーカード、健康保険証 等) 

代理人の身元確認書類

【次の書類から1点代理人のもの)】

マイナンバーカード(表面) / 運転免許証 / パスポート / 障害者手帳 / 在留カード / 特別永住者証明書 / 健康保険証 / 年金手帳 / 税理士証票 / 顔写真付き身分証明書等(氏名・生年月日 / 氏名・住所が記載されたもの) / 住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの) 等

【次の書類から2点代理人のもの)】

顔写真なし身分証明書等(氏名・生年月日 / 氏名・住所が記載されたもの) / 税・社会保険料・公共料金の領収書 / 戸籍の附票の写し(謄本・抄本も可) / 住民票の写し(マイナンバーが記載されていないもの) / 母子健康手帳 / 特別徴収税額決定通知書 / 納税通知書 / 源泉徴収票 等

本人の番号確認書類

【次の書類から1点(本人のもの)】

マイナンバーカード(裏面) / マイナンバー通知カード / 住民票の写し(マイナンバーが記載されたもの) 等

郵送による申告等の場合は、上記書類の写しの提出をお願いします。

お問い合わせ先
財政基盤部税務室市民税課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所2階)
電話番号072-784-8022 ファクス072-784-8029

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。