現在の位置

御願塚古墳

御願塚古墳の写真

古墳時代中期(5世紀)に築造された帆立貝式古墳(前方後円墳の一種)。全長52メートル。馬蹄(ばてい)型の二重周濠(しゅうごう)がめぐっていました(現在は一重のみ)。前方部から後円部に至るくびれ部分で、祭祀場(さいしじょう)と見られる方形の造り出し部が、円筒ハニワ列とともに発見されています。

昭和41年3月に兵庫県が文化財指定。市教委による古墳の保全工事と周辺部の史跡公園化工事が平成11年7月に完了、平成12年度には主墳部の保全工事を行いました。
古墳上には南神社が建っています。

施設詳細情報

所在地 伊丹市御願塚4丁目
交通機関 市バス阪急伊丹駅前5番のりばから山田行きで御願塚下車すぐ、阪急稲野駅から西へ徒歩5分

 

地図情報

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。