現在の位置

有岡城跡

有岡城跡の写真

戦国時代末期の天正2年(1574年)、武将・荒木村重が伊丹氏に替わって伊丹城の領主となり、大改築を施したのが有岡城。侍屋敷、町屋を堀と土塁で囲んだ惣構え(そうがまえ)の城(東西0.8キロ、南北1.7キロ)で、難攻不落の名城とうたわれました。しかし、村重が主君の織田信長に背き大軍に攻められて、天正7年(1579年)に落城、その後、廃城となりました。昭和54年に国指定史跡となり、(同63年に追加指定)、公園として整備されています。

施設詳細情報

 所在地  伊丹1丁目ほか
 利用案内  史跡整備に伴って築かれた石垣の上には、発掘調査で見つかった本丸に関係する礎石建物跡と二つの井戸跡を復元して位置を表示しています。さらに、本丸跡西側の土塁と自然石をそのまま積んだ野面(のづら)積みの石垣が保存され、当時の姿をしのばせています。
 交通機関  JR伊丹駅前西出口すぐ

より詳細な紹介は次の「有岡城跡」のリンクのページを参照。

有岡城跡

地図情報

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。