現在の位置

伊丹廃寺跡

伊丹廃寺跡の写真

奈良の法隆寺と同じ伽藍(がらん)配置で建てられた白鳳時代(8世紀初め)の寺院跡。昭和33年に基壇の一部を発見、40年まで発掘調査が行われ、41年に国指定史跡となりました。

金堂基壇(こんどうきだん)や朱塗りの北門などが復元され、史跡公園となっています。塔の頂きを飾った水煙などの出土品(県指定文化財)は、市立博物館に展示されています。

施設詳細情報

所在地 伊丹市緑ケ丘4丁目・5丁目・7丁目
交通機関 市バスJR伊丹駅前6番のりば、または阪急伊丹駅前5番のりばから山本団地行きで県高前下車すぐ

 

地図情報

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。