現在の位置

旧石橋家住宅

旧石橋家住宅の写真

江戸時代後期に建てられた商家。母屋の正面は厨子(つし)2階の塗り込めの軒裏と虫籠(むしこ)窓、出格子窓、正面中央の摺(す)り揚げ大戸の出入口装置やバッタリ床几(しょうぎ)など、建設当初の店構えを残しています。

石橋家は、18世紀に猪名野神社の門前通り北少路村に移り商売を始めました。明治以降は、紙と金物の小売業のかたわら酒造業を、その後、日用品の雑貨商を営んでいました。

平成8年8月に市の文化財、平成13年3月に県の文化財に指定。宮前商店街から現在地に移築、内装工事などを行ったあと、平成13年6月24日から一般公開。展示物などの内容は次のとおり。

◇下店=全国の工芸作家の作品を展示・販売する「伊丹郷町クラフトショップ」◇台所=火鉢やタンスを展示◇座敷・茶室=博物館所蔵の火鉢・机・タンスなどを展示。句会・茶会など文化活動の場として活用◇つし2階=江戸時代から戦後までの宮ノ前や石橋家の歴史などを紹介
 

施設詳細情報

 所在地  伊丹市宮ノ前2丁目5番28号
 電話・ファクス  電話: 072-772-5959 ファクス: 072-772-5558(いずれも新町家事務所)
開館時間   午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
 休館日  月曜
 利用案内  入館無料。文化財ボランティアによる解説希望の人は予約を
設備   団体客用の大型バス駐車場あり(2台分。無料。要予約)、一般客用駐車場なし(すぐ近くの宮ノ前地下駐車場の利用を。有料)、トイレ(屋外)1カ所(車いす対応1カ所)
 交通機関  阪急・JR両伊丹駅から徒歩5分

 

伊丹市文化財ボランティアの会

施設マップ

石橋家住宅地図 周辺施設の配置図

 

地図情報

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。