現在の位置

幼稚園への就園・保育料

 幼稚園は、子どもたちが家庭から離れて、初めて経験する集団の中での教育の場です。幼児期の子どもたちは、育ってきた家庭や地域の環境によって、それぞれの良さがあり、個性があります。その子どもたちの個性や個人差をしっかりとらえ、心の動きに目を向けながら、その子らしさを大切に、自らの力で伸びていくよう援助していきます。

 教育委員会では、子どもらしい素直さを持ち、健康で、友だちといきいきと生活する子どもに育つことを願って努力しています。

伊丹市立幼稚園

伊丹市立幼稚園の利用者負担額(保育料)について

 平成27年(2015年)4月からの「子ども・子育て支援新制度」の実施に伴い、利用者負担額(保育料)は、保護者の所得等に応じた保育料を支払う(応能負担)ようになり、国が定める基準額を上限として、市が定めます。

 平成28年度(2016年度)より経過措置を設けて、段階的に保育料を変更し、平成30年度(2018年度)に最終的な新利用者負担額(新保育料)を適用します。

 平成29年度(2017年度)以降入園者の保育料(月額)は下記の一覧表をご覧ください(一覧表の金額は平成30年4月1日時点での適用になります)。

(平成28年度の神津こども園の入園者の保育料については、こども未来部こども室保育課までお問い合わせください。)

 

<平成29年度入園者>

階層区分 推定年収 利用者負担額(保育料)

第1子

第2子

第3子以降

1 生活保護世帯 ~270万円 0円 0円 0円
2-1 市民税非課税
市民税所得割非課税
(ひとり親世帯等)
0円 0円
2-2 市民税非課税
市民税所得割非課税
1,000円 0円
3-1 市民税所得割額
47,400円以下
(ひとり親世帯等)
~280万円 1,500円 0円
市民税所得割額
47,400円以下
3,000円 1,500円
3-2 市民税所得割額
58,200円以下
(ひとり親世帯等)
~310万円 2,250円 0円
市民税所得割額
58,200円以下
4,500円 2,250円
3-3 市民税所得割額
77,100円以下
(ひとり親世帯等)
~360万円 3,000円 0円
市民税所得割額
77,100円以下
7,000円 3,500円
4 市民税所得割額
211,200円以下
~680万円 12,400円 6,200円
5 市民税所得割額
211,201円以上
681万円~ 15,400円 7,700円

<平成30年度以降入園者>

階層区分 推定年収 利用者負担額(保育料)

第1子

第2子

第3子以降

1 生活保護世帯 ~270万円 0円 0円 0円
2-1 市民税非課税
市民税所得割非課税
(ひとり親世帯等)
0円 0円
2-2 市民税非課税
市民税所得割非課税
1,500円 0円
3-1 市民税所得割額
47,400円以下
(ひとり親世帯等)
~280万円 1,700円 0円
市民税所得割額
47,400円以下
3,400円 1,700円
3-2 市民税所得割額
58,200円以下
(ひとり親世帯等)
~310万円 2,550円 0円
市民税所得割額
58,200円以下
5,100円 2,550円
3-3 市民税所得割額
77,100円以下
(ひとり親世帯等)
~360万円 3,000円 0円
市民税所得割額
77,100円以下
7,200円 3,600円
4 市民税所得割額
211,200円以下
~680万円 13,900円 6,950円
5 市民税所得割額
211,201円以上
681万円~ 18,300円 9,150円

 「推定年収」は夫婦(片働き)と子ども2人世帯の場合のおおまかな目安です。

(1)1~3-3階層に該当する世帯については、年齢や学年にかかわらず、最年長の子どもから順に第1子、第2子、第3子以降と数えます。

(2)4、5階層に該当する世帯については、小学校3年生までの範囲内で、最年長の子どもから順に第1子、第2子、第3子以降と数えます(小学校4年生以上の子どもは対象には含みません)。

(3)上記保育料の額は今後、国の予算編成や幼児教育の無償化等の動向により変更となることがあります。

(4)保育料の額は、原則として、子どもの入園年度時点の保育料体系を卒園まで適用します。そのため、世帯の推定年収の変更や世帯内の子どもの年齢が上がることによって、適用される保育料の額が変わることもあります。

(5)「ひとり親世帯等」について、下記項目に該当する場合は右欄に記載している必要書類をご提出いただく必要があります。

  該当項目 必要書類
1 単親世帯(ひとり親世帯)
(父子家庭・母子家庭)
  • 児童扶養手当証書(写し)
  • 母子等医療費受給者証(写し)
  • 遺族基礎年金の受給がわかるもの
  • 戸籍謄本+保険証(単身家庭且つ子を扶養していることがわかるもの)
2 同居者が障害者手帳等の交付を受けている
  • 身体障害者手帳(写し)
  • 精神障害者保健福祉手帳(写し)
  • 療育手帳(写し)
3 特別児童扶養手当支給対象児童がいる
  • 特別児童扶養手当証書(写し)
4 同居者が国民年金の障害基礎年金を受給している
  • 障害基礎年金の受給がわかるもの

利用者負担額(保育料)の寡婦(夫)控除等のみなし適用について

 婚姻歴のないひとり親家庭は、地方税法上の寡婦(夫)控除が適用されないため、婚姻歴のあるひとり親家庭と比べて、利用者負担額(保育料)などが高くなる場合があります。そこで、負担の公平化を図るため、婚姻歴のないひとり親であっても寡婦(夫)控除が受けられるものとするみなし適用を実施します。

 制度の詳細及び申請方法については、保育課の「利用者負担額(保育料)の寡婦(夫)控除等のみなし適用について」のページをご覧ください。なお、申請書の提出先は学事課になります。

 利用者負担額(保育料)の寡婦(夫)控除等のみなし適用について

利用者負担額(保育料)の無償化について

 伊丹市では、平成30年(2018年)4月より、幼児教育充実施策の一環として、伊丹市立幼稚園に通っている児童にかかる利用者負担額(保育料)については、各世帯の所得に応じて上記の階層及び金額を定めた後、減免処理により無償化します。

対象児童

  1. 伊丹市内に住所(住民登録)を有し、居住していること。
  2. 4歳児、5歳児であること。(生年月日が平成24年4月2日から平成26年4月1日までの園児)

対象施設

伊丹市内の公立幼稚園(16園)

伊丹幼稚園 稲野幼稚園 南幼稚園
緑幼稚園 桜台幼稚園 天神川幼稚園
ささはら幼稚園 みずほ幼稚園 ありおか幼稚園
はなさと幼稚園 こやのさと幼稚園 せつよう幼稚園
すずはら幼稚園 おぎの幼稚園 いけじり幼稚園
こうのいけ幼稚園    

神津こども園については、こども未来部こども室保育課へお問い合わせください。

必要な手続きについて

 原則手続き不要

 市民税所得割額によって保育料の階層を決定するため、市で税額を確認できない場合は、課税証明書の提出が必要となります。

伊丹市はこんな幼稚園をめざしています

  • 家庭から離れて友だちづくりのできる幼稚園
  • 家族とちがう人たちとかかわることができる幼稚園
  • 個性を大切にしながらのびのびとした集団の教育を始める幼稚園
  • 友だちといきいきとすごし、豊かな心、すこやかな身体を育てる幼稚園

こんな子どもに育てたい・・・

  • 明るく元気な子ども
  • 身近な自然の中でのびのびと遊ぶ子ども
  • 心豊かに表現する子ども
  • 相手の気持ちをわかろうとする子ども
  • 友だちと助け合い、協力する子ども

保育時間

  • 弁当のない日:午前8時40分~正午
  • 弁当のある日:午前8時40分~午後1時45分

 弁当日は通常火・水・金曜日。

 登降園時刻、弁当日は変更されることがあります。

預かり保育

 平成30年度(2018年度)から、伊丹幼稚園とおぎの幼稚園では預かり保育を先行実施しています。

  • 利用対象者は、伊丹幼稚園とおぎの幼稚園の在園児です。
  • 平日は保育時間終了時から午後4時30分まで、夏休み等の長期休業中は午前8時40分から午後4時30分まで預かり保育を実施します。(一部実施しない日あり)
  • 預かり保育を利用される場合は、利用する予定の月の前月の20日までに利用申込書を幼稚園に提出してください。(緊急の場合は、幼稚園にご相談ください)
  • 利用の際には、預かり保育料がかかります。

登降園

 園児の登降園には、保護者の付添いをお願いしています。

  1.  付添いの方法などについては、保護者のみなさんと幼稚園とで十分、話し合いをしていますので、ご相談ください。
  2. 付添いの方の交通事故傷害保険加入につきましては、幼稚園からご案内します。

園児募集

 毎年、「広報伊丹」9月1日号に募集案内を掲載し、9月下旬に各幼稚園で願書を配布、10月初旬に各幼稚園で願書を受け付けます。

 募集は市域を6ブロック(下図)に分割して行い、居住地のブロックにある幼稚園への入園を受け付けます。

 一斉募集終了後は、10月中旬より随時、学事課で応募を受付けます。印鑑を持参の上、窓口までお越しください。

学級数の決定方法について

  1. 学級数の決定時期

 4・5歳児ともに、10月の一斉募集終了後の園児数の増減を考慮し、3学期の始業式時点の応募園児数(5歳児は進級者を含む。)で学級数を最終決定します。

  1. 留意事項

 4歳児については、平成31年度(2019年度)は伊丹市立幼稚園16園の総定員を690人、総学級数を23学級に設定しており、10月の一斉募集終了後の応募で、定員を超える応募園児数となった場合でも、各園の学級数は変更しません。

 ただし、3月期の始業式時点で応募園児数が2学級設定の園において、応募園児数が30人以下となり、なおかつ1学級設定の園において、応募園児数が31人以上となった場合には、30人以下となった園を1学級に、31人以上となった園を2学級に変更することとします。31人以上となった園が複数ある場合は、応募園児数およびブロック内の他園の応募状況により決定することとします。(ありおか幼稚園は除きます。)

 5歳児については、3学期の始業式時点までは、各園が保有する教室数を限度に可能な限り、園児を受け入れることとします。

幼稚園ブロック園区図

各ブロック園区は下記の各小学校区に準じております。

ブロック 小学校区
A 伊丹小・南小・有岡小・鈴原小
B 稲野小・桜台小・花里小・池尻小
C 神津小
D 緑丘小・瑞穂小
E 天神川小・荻野小・鴻池小
F 笹原小・昆陽里小・摂陽小

各小学校区は次のページをご覧ください。

伊丹市立小・中学校の校区(町別・50音順)

平成31年度(2019年度)幼稚園園児募集

伊丹市内の私立幼稚園・認定こども園

 伊丹市内には、9園の私立幼稚園・認定こども園があります。私立幼稚園・認定こども園の一覧は次のページをご覧ください。

「社団法人兵庫県私立幼稚園協会」のページ (外部リンク)

 平成27年(2015年)4月からの「子ども・子育て支援新制度」の本格実施に伴い、私立幼稚園については、新制度に移行するかどうか各園が選択します。詳しくは、各園に直接、お問い合わせください。

入園手続き

 各園に直接、お問い合わせください。

利用者負担額(保育料)の設定及び無償化について

 新制度に移行する私立幼稚園・認定こども園の利用者負担額(保育料)については市が設定します。新制度に移行しない私立幼稚園の保育料については従来通り、各園が設定します。詳しくは、各園に直接、お問い合わせください。

 また、私立幼稚園についても平成30年度(2018年度)より、幼児教育充実施策の一環として、保育料の無償化を開始します。

 詳細については、各案内のページをご覧ください。

・新制度に移行している幼稚園・認定こども園については、こちら

   認可保育所(園)・幼稚園・認定こども園などの保育料について

・新制度に移行していない幼稚園については、こちら

私学助成を受ける私立幼稚園(就園奨励費補助対象園)の無償化について

お問い合わせ先
教育委員会事務局学校教育部学校教育室学事課
〒664-8503伊丹市千僧1-1(市役所4階)
電話番号072-784-8086 ファクス072-784-8083

このページの感想をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。