現在の位置

生活保護について

生活保護について

生活支援課では、生活保護に関する相談業務を実施しています。

私たちの一生の間には、病気やケガや高齢等のために働けなくなったり、働いても収入が少なかったりして生活に困ることがあります。生活保護はこのような状況にある世帯に対して経済的な援助を行いながら生活を保障しふたたび自分たちの力で生活できるようになるまでの間手助けする制度です

生活保護を受けるには

生活保護を受けることは最終の手段となりますので、保護を申請する前に各自の持てる能力に応じて最善の努力をすることが必要です。したがって、次のようなことに努めなければなりません。

  • 働ける人は、能力に応じて働いてください。
  • 世帯の財産のうち生活費として活用できるものは、活用してください。
  • 親、子、兄弟姉妹から援助を受けられるように努力してください。
  • 年金、児童扶養手当、健康保険の傷病手当金、雇用保険の失業給付金等、他の法律や制度で受けることができるものは、すべて活用してください。

生活保護のしくみ

保護を受けることができるかどうかは、国が定める保護基準に基づいて算定した最低生活費と収入を比べて判断します。

その場合、同居している世帯全体を単位として、最低生活費や収入を算定します。

そのため、保護の申請は基本的には個人ではなく世帯単位となります。

世帯の収入が最低生活費より少ないときには、その不足分だけが保護費として支給されます。

最低生活費は世帯員の年齢や人数など世帯の状況によって異なり、保護の内容も世帯の状況や収入の状況によって異なります。

生活保護の仕組の図

(注意) 最低生活費とは、世帯員の食費・衣類などの生活費、家賃などの住宅費、義務教育に必要な教育費、医療費を合わせたものです。
収入とは、あなたの世帯のすべての収入をいいます。

例えば

  • 働いて得た収入(給料、内職収入、農業収入など)
  • 年金、手当の収入
  • 仕送りや、資産を売ったり貸したりして得た収入などです。

このうち働いて得た収入については、必要な経費など一定の額を控除したうえで、最低生活費と比べることになります。

保護の種類

生活保護には次の8種類の扶助があり、国が定めた基準の範囲内で支給されます。

生活扶助

食べるもの、着るもの、電気、ガス、水道などの日常の暮らしに必要な費用

住宅扶助

家賃、地代や住宅の補修などの費用

教育扶助

学用品、教材費、給食費、学級費などの義務教育に必要な費用

医療扶助

病気やけがの治療に必要な費用

介護扶助

ねたきりや痴呆などにより身の回りの世話をするためなどの費用

出産扶助

出産をするための費用

生業扶助

仕事につくための技能や技術を身につけるための費用

葬祭扶助

葬祭の費用

一時的な需要に応じるための費用が支給されることがあります。代表的なものは次のとおりです。

被服費

布団、うぶ着、おむつ等

家具什器費

単身者で長期入院後退院した場合や、転居等の場合に必要とする炊事用具、食器類

移送費

転居する場合の家財道具運搬に必要な費用

住宅維持費

屋根、壁、畳、建具類を修理する費用

敷金等

退院する場合や、やむを得ず転居する場合に必要な費用

お問い合わせ先
健康福祉部 生活支援室 生活支援課
〒664-8503 伊丹市千僧1-1 (市役所1階)
電話番号072-782-8605 ファクス072-784-8135

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか。
このページは見つけやすかったですか。